同棲することで結婚の良さがわかる?同棲と結婚の6つの大きな違い

同棲することで結婚のよさがわかる?同棲と結婚の6つの大きな違い

結婚前に同棲をすることには賛否両論ありますが、同棲することによって結婚のよさがどのようにわかるのでしょうか。またはわからないということもあるでしょう。同棲と結婚の大きな違いを一緒に考えていきましょう



 

 同棲することで、結婚のよさがわかる?
同棲と結婚の6つの大きな違い

1. 自由に対する違い

好きな人と一緒にいられることや同じ家で生活できるということは、交際していると憧れるものでしょう。同棲はいってみればデートの延長であり、一緒に住んでいるということもそれ自体がイベントのようなところがあります。そして住んでいく上でお互いのルールがあるにしても、言ってみれば他人同士であり彼氏彼女としての生活になります。それこそが自由なのです。

ですが結婚は違います。一緒に住む家族である以上、お互いの生活が自分の生活になります。そして2人で協力しあう意味が変わってくるのです。同棲の時は、好きなときにすればよかったことが、結婚となれば生活の一部に組み込まれてきたり、それに合わせて時間を犠牲にすることもあるのです。

 

 2.金銭面での違い

同棲をしているカップルの中には、すでにお財布を一緒にしている人もいれば、多くは個々に折半しあっているようです。また家賃や生活費といった部分部分を分け合ったり、すべて平等に折半していない場合もあります。でも結婚をすると、お互いの給料は同じ場所に納められたり、またはおこずかいの中でしか自由なお金がなかったりというように制限をされます。生活をするということで、自由に使えるお金というものがないということに結婚をすると感じるのです。

ですが、同棲は今月は厳しいからといって相手に強要することは中々難しいときもあります。その点結婚は、自由に使えるお金は減るものの、毎月の生活を支える金銭面からしてみれば、共働きをしている夫婦を見ればひとりでの生活より余裕が出てきます。これらの金銭面の考え方に、同棲と結婚では大きく違いが表れてきます。

 

3.生活スタイルの変化

結婚をしてまず変わるのが生活のスタイルです。同棲の延長が結婚だと考える人もいるでしょう。確かに、中身は一緒に生活することには変わりないのですが、例えば仕事で相手が出張に出るとなった時に、勝手にどうぞとなれるでしょうか。明日の会議の資料作成を独身の時なら終わるまでいくらでもやっていたけれども、子供がいたりすればそれも制限されてきます。

また、同棲の時は個々の行動も、結婚後はお互いの責任として被さってくるのです。相手に合わせる合わせないではなく、生活そのものに自分たちが合わせなくてはならないのが同棲と結婚の大きな違いです。

【スポンサーリンク】

 4.新鮮と引き換えの安心感

「同棲している」と聞くと、とても仲が良くラブラブな状態を感じると思います。本来であれば、籍を入れてからお互い一緒に住み始めるというのが今までの定番でしたが、今では結婚前に同棲をするということがセットになっていることが多いように感じられます。同棲をすると、お互いの生活の仕方の違いに気付くことが出来て、結婚してからの失敗を防げるという利点がある一方で、新鮮味を失くします。これは同棲をしてしまう以上は仕方のないことです。

同棲をすると、一緒に居られる安心感と引き換えに結婚後に味わうことが出来る新鮮味を失くすのです。これは同棲が長いカップルほど感じるものです。もう結婚しているような生活をしていて今更籍を入れたところで、何も変わることがなく結婚の必要性を感じないといったことになってきます。

また結婚をしてともに住み始める気持ちというのは、そこから始める新しい人生を強く感じる事が出来て、そこでお互いが助け合おうという気持ちになれます。でも同棲をするカップルたちは、好きという気持ちだけで始まった生活に慣れてしまっているため、結婚しても何となく変わらない生活を始めることになるようです。

 

5.結婚は共同作業

先にも言った通り、同棲は個々の生活を一緒の家でしているのに対して、結婚は共同作業となってきます。一方だけが家事をしていれば不満も出て、一方だけが遊んでいても不満が出ます。結婚とは生活です。それらを通して夫婦になるのです。

ですが同棲を長くしてお互い人生のパートナーとして確立していようとしても、他人であって、2人の繋がりは法的には何も証明されないのです。困難を共に乗り越えていくことを結婚していれば共同作業ですが、同棲していれば助け合うことはあっても、ボランティアのようなものになるのです。

 

 6.けじめについての違い

同棲と結婚の大きな違いは何と言っても「けじめ」です。けじめと聞くと、責任が重くかんじる言葉ですが、その2人に生活自体を社会でも正当に主張できるようになるためには、結婚をすることがけじめなのです。もちろん、同棲をしているカップルにけじめがないというわけではありませんが、2人がいくらしっかりとした生活を送っているとしても、周りからはそうは見られないのです。

また、様々な事情で籍を入れないカップルもいます。事実婚のような状態です。けれども、事実婚である以上は、何があろうとどれだけ長く暮らしていようと、結婚しているカップルにはかないません。長く一緒に歩んでいく先に夫婦の絆を残すのか、それとも生活を一緒に過ごす人生のパートナーでいるのかは、同棲と結婚で大きく分かれる点なのです。

 

いかかでしたか?

同棲と結婚の違いが見えて来たでしょうか。それぞれにいい点、不利な点があると思いますが、多種多様な時代だからこそ選べる生活スタイルです。

一度きりの人生ですから、あなたにあった生活をして悔いのない人生を送りたいものですね。

 

まとめ

 同棲することで、結婚のよさがわかる?同棲と結婚の6つの大きな違い

1.自由に対する違い
2. 金銭面での違い
3. 生活スタイルの変化
4. 新鮮と引き換えの安心感
5. 結婚は共同作業
6. けじめについての違い


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆