振った後に復縁を元彼とする時に知っておきたい5つのこと

振った後に復縁をする時に知っておきたい5つのこと

振った後に復縁をしたいと思うことも。でも相手の傷ついた心を理解して、慎重に行動をしないといけない時ですよね。別れた時は、お互いに感情的で冷静な判断ができなかったかもしれません。でも時間が経過するとともに、元カレのことが恋しくなる時も。

もしかしたらやり直せるかもしれない…と思っても、自分から振った後に復縁したいと伝えるのは、とても勇気が要ることです。でも復縁してからの方が、以前よりも幸福になるカップルが多いという説も。

せっかくのチャンスがあるならば、トライしてみる価値はあります。では振った後に復縁を元カレとする場合に、知っておくべき5つのことについてお伝えしていきましょう。



 

振った後に復縁をする時に知っておきたい5つのこと

 

振った方からアプローチすれば可能性あり

振った方から復縁を迫るのは、振られた側が迫るよりも成功する可能性があります。振られていつまでも忘れられない相手に付きまとうのは、ストーカーのような行為にもとられてしまいますよね。

でも自分が振った立場なら、相手がまだ未練を持っている可能性がありますので、再スタートできるチャンスがあるのです。復縁しやすいのは感情的にケンカ別れした場合や、話し合うチャンスがなく別れてしまった時など。

お互いに納得できない気持ちが残っているなら、復縁するチャンスがあると思ってもいいでしょう。後で後悔するよりもダメ元で挑戦しないと、大切な人を逃してしまうことに。

 

元カレの心境を理解すること

振った後に復縁を成功させるには、自分の気持ちを優先する前に元カレの心境を理解してあげるのが必要です。

男性にとって振られることはプライドを深く傷つけられて、自信を無くすもの。この自信を取り戻すには、長い時間がかかることもあるでしょう。最悪の場合は、恋愛恐怖症になってしまうデリケートな男性もいますので、そんな傷ついた心を理解してから、行動を起こすことが大切なのです。

男性にとっての恋愛は、自尊心を高めることでもありますので、振った後に復縁するのは男性のプライドが許せない可能性も。そんな元カレの気持ちを取り戻すには、尊敬していることをアピールして、いつも頼れる存在であると知ってもらいましょう。

別れた後は、お互いに傷ついていますが、振った立場と振られた立場ではダメージの度合いが違うことを理解したいですね。

 

別れた原因を繰り返さないこと

振った後に復縁しても、また同じことを繰り返してしまうのでは…という不安を感じることもあるでしょう。元カレにしてみると、また振られるような経験は二度としたくありませんよね。

自ら傷つくことを知りながら、苦境に飛び込んでいく人は本来いないもの。再び恋をするには、別れた原因を理解するのがとても重要で、二度と同じ過ちを繰り返さないためには自分の悪い点を改善するように努力しましょう。

よりよい関係を築くためには、自分を磨きなおして新たに魅力を再発見してもらう努力が大切です。振った立場で復縁を求めるのは、とても自分勝手なことにも思われますよね。だからこそ相手の気持ちを理解して、自分の過ちを認めて自分自身を高めていくようにしましょう。

【スポンサーリンク】

信頼関係を取り戻す努力をすること

振った後の復縁は、愛情を確かめるだけではなくて二人の信頼関係を取り戻すことがとても重要に。「好き」という感情は時間とともに薄れてしまい、その後に残るのは信頼関係の深さです。

振られた元カレから見ると、いつかまた振られる不安が残り、信頼関係にもひびが入っている場合も。疑いが残るまま復縁しても長続きしませんので、まずは恋愛感情を抜きにして一人の人間として尊敬できるかどうか、また信頼を取り戻すために時間をかけて行くことが重要になるでしょう。

離れてみて初めて分かる、お互いの価値感や魅力を今後の関係にプラスしていくといいですね。

 

冷却期間をおいて慎重に判断しよう

振った後に復縁したい…と簡単に思いついてしまうのは、とても気分的な行動です。振られた相手の気持ちをまず思いやり、再び大切な存在として見てもらえるかどうか。そのためには冷却期間をおいて、二人の関係を見つめなおすことが重要です。

ケンカ別れなど、感情的に振ってしまった場合は尚更でしょう。元カレのどんな部分に惹かれたのか、本当の魅力を理解しているかどうか、なぜ復縁したのかなどの理由を考えてみてください。

別れた後は一人で淋しくて、その隙間を埋めるために手っ取り早く復縁を考えてしまう場合もあります。冷却期間をおいて、自分の生活を充実させてから、本当に大切な人なのかどうか、慎重に判断することが必要です。

 

いかがでしたか。

振った後に復縁しても、やはりうまくいかないカップルも多く存在します。タイミングや復縁の理由がはっきりしないままでアプローチしても、期待したように成功しない場合も。

一度傷ついた状態から立ち直るには、自分が相手を傷つけた立場であることを理解して、元カレの準備ができるまで待つ余裕を持ってください。

自分から振った相手には、未練や罪悪感を持ちやすいものです。そんな気持ちを自分でも受け入れたうえで、本当に元カレのことが好きなのかどうか考えるための時間を持つようにしましょう。

 

まとめ

振った後復縁をする時に知っておきたい5つのこと

・振った方からアプローチならば可能性あり
・元カレの心境を理解すること
・別れた原因を繰り返さないこと
・信頼関係を取り戻す努力をすること
・冷却期間をおいて慎重に判断しよう


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆