好意を伝える時に女性が悩んでしまう5つのこと

好意を伝える時に女性が悩んでしまう5つのこと

好意を伝えるのを簡単だと思う女性もいれば難しい…と悩む場合も。では好意を伝える時に女性はどのようなことで悩んでしまうのでしょうか。女性心理について考えていきましょう。



 

好意を伝える時に女性が悩んでしまう5つのこと

 

今までの関係が崩れそう

今まで仲良くしてきた関係が、好意を伝えたことで悪い方に向かう場合もあります。出来ればそれは避けたいと思うのが女性の気持ちでしょう。今までの関係も自分なりに頑張って築いてきたものだとしたら、「せっかくいい関係なのに…」と残念な気持ちになるはず。

こういう自分を想像すると、好意を伝えようとしても悩みが出てくるのです。今の関係をキープしておくだけでもいいかも…と気弱になってしまう場合もあるでしょう。気弱になりたくないと思う気持ちもあれば、好きだからこそ気弱になってしまうケースも。

でもこれが自分の正直な気持ちなので、今更どう変えていいのか分からずもっと悩んでしまう女性の心理もあるでしょう。

 

好意を伝えるのが苦手

もともと好意を伝えるのが苦手な女性もいます。百戦錬磨のようにうまく好意を伝えられる女性もいれば、自分が好意を伝えて関係が悪くなった経験を持つ場合も。

こうなると、なかなか好意を示すのは難しいでしょう。好意を伝えようとしても、昔の辛いイメージが浮かんで来てしまうのです。あの時に傷ついたのにまた傷つくのは嫌だと思うのは、当然ですよね。

傷つくくらいなら好意を伝えずに、今のままでいようと思う気持ちもあるのです。もしも好意をうまく伝えられずに昔と同じように傷つくのなら、今のままの方がマシだと思う保身の気持ちも。

この思いを持つため、好意を伝えることに対して抵抗があり、自分自身でセーブしてしまうのでしょう。

 

相手から伝えてほしい

自分から伝えるよりも、相手から伝えてほしいので待っておこう…と思う女性もいるでしょう。女性によっては肉食系なので自分から積極的に男性にアプローチできる人もいますが、そういう女性ばかりではありません。

出来れば男性から好意の言葉を伝えてきてほしいと願うのは、ドラマチックな恋愛に憧れる気持ちもあるから。相手の男性に好意を示してもらいときめく自分を想像して、嬉しい気持ちになりたいのです。

女性はいつでもドラマのヒロインになりたいので、自分がドラマのヒロインになるためには、男性から好意を伝えてきてほしいとい願う思いがあるのでしょう。

【スポンサーリンク】

好意を知られたくない

好意を持っているけれど、この思いを知られたくない女性心理もあります。自分が相手を好きだと知られるのが、相手にだけならいいのですが他の人にもバレるかもしれません。そしてからかわれるような場合も。

相手にだけ気持ちが伝わり良い関係になれればいいのですが、そうなるとは限らないのです。相手が誰かに噂として話してしまうかもしれません。自分の本意ではない形で広まってしまいショックを受ける可能性も。

この可能性がゼロではないと思うと、怖くて好意を伝えられないのです。相手が同じ職場や同じ学校など毎日必ず顔を合わせる相手なら、尚更好意を伝えて周りからどういう目で見られるのかを気にする女性はいるでしょう。

 

自分に自信が無い

自分のことを好き?と聞かれても好きだとはっきり言えない女性は案外多いです。自分に自信が無いのに、好意を伝えるのは勇気が要るもの。もし自分に自信があれば堂々と好意を伝えられるでしょう。

でも自分に自信を持てないので、うまくいかない可能性が強いように思い、好意を伝えられないのです。自信過剰なのも問題ですが、自信が無さすぎるのも辛いもの。自分に自信を持てるように、出来るだけ自分の好きな部分を探すようにしてみましょう。

自分の好きな部分を見つけたら、それを伸ばすように工夫をしてみるといいですね。自分のことが今までよりも好きになれるはずです。自分を好きになれれば、好意を伝えたい自分を応援できる自分も生まれるもの。

自信が無い人は、自分を応援できずに認められない場合が多いのです。自分を認めてあげるためには、自分の思いに正直でいましょう。相手を好きだと思い好意を伝えたい自分の思いに正直でいるようにすれば、自然に好意を伝えやすくなるのです。

 

いかがでしたか。

好意を伝える時に女性は様々な悩みを持ちます。お酒の力を借りて勢いで…というような女性もいるでしょう。でもほとんどの女性は、どうしたらいいのか分からずに思い悩むものです。相手を好きでいればいるほど、悩みは深いものに。

でも悩んでばかりいても、前には進めません。ある程度悩んだのなら、次は好意の伝え方についてポジティブに考えてみましょう。相手がどういう反応をするのか不安ですが、これを不安と思わずに、ワクワクした気持ちになれると好意ヲ伝えやすくなります。

最初からネガティブでマイナス思考になってしまうと、どうしても相手との関係を今のまま保つのがやっとになってくるでしょう。もっと仲良くなりたいという思いを素直に持ち、この思いを大切にして行動をしてみると、良い方向に向かう可能性が高いです。

 

まとめ

好意を伝える時に女性が悩んでしまう5つのこと

・今までの関係が崩れそう
・好意を伝えるのが苦手
・相手から伝えてほしい
・好意を知られたくない
・自分に自信が無い


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆