合コンの自己紹介で良い印象を与える6つのポイント

合コンの自己紹介で良い印象を与える6つのポイント

合コンで自己紹介をする時は、出来るだけ良い印象を与えたいものです。合コンの自己紹介で出来るだけ人気のある人物になれるために、どのような方法があるのかをお伝えしていきたいと思います。

実際に合コンの自己紹介の時にぜひ役立てていただきたいと思います。



 

合コンの自己紹介で良い印象を与える6つのポイント

 

 その1 長すぎる自己紹介をしないこと

あまり長すぎる自己紹介をすることで、聞いている方が疲れてしまうということがあります。そうならないように、自分の中で大体3分くらいというように決めておくといいかもしれません。

長い自己紹介をすることにより、他の人の都合を考えていない人間だと思われてしまう場合がありますので気を付けましょう。自分のことを色々と知って欲しいという気持ちを持つことはあるかもしれませんが、程度というものがあります。

ある程度自分のことを伝えればそれで十分というように思い、後は実際に相手とのやりとりの中で自分を知ってもらうようにしましょう。

 

 その2 自分の趣味を伝えましょう

休日に何もしていなくて、ゴロゴロしている…というようなことを自己紹介で聞くと、あまり良印象を与えないことになります。趣味を持っていてその趣味を大切にしているということを伝えた方が魅力のある人物だと思われやすいです。

でもその趣味に対して、はまりすぎていてお金をつぎこんでいるというようなことはマイナスイメージになりますので気をつけましょう。趣味に対しての優先順位はそんなに高く無い方が良いのです。

あまり優先順位が上だと、恋愛をする隙が無いように思われてしまうかもしれませんので、一応の趣味があるというような言い方をしておくと良いでしょう。

 

その3 同性にも好かれる自己紹介をしましょう

異性を意識しすぎるような自己紹介は、同性から見てあまり良い印象を与えません。同性を敵に回すことにならないように気をつけましょう。同性が見ても好印象な自己紹介をするようにした方が良いです。

実際に自分だったらどんな言葉を聞いたらその人に興味を持つかな?ということを考えてみるといとい思います。その時にはどうしても同性としての気持ちの方が分かると思いますので、同性に良い印象を与えるような自己紹介を心がけるようにしましょう。

同性に良い印象を与えることが出来る人は異性からも好まれる可能性が高いです。

【スポンサーリンク】

 その4 面白いことを言わなくても良いのです

自己紹介で笑いを取らないと…と力んでしまう人もいるようです。特に男性にはそういうタイプが多いようですが、無理に笑いを取らなくても自然に自分らしさを出せば良いのです。

面白いことを無理に言おうとしていると、どうしても見ている方も気を使ってしまう場合があります。例えば以前の合コンではこの自己紹介で成功したから…ということで面白いネタを話そうとする人もいますが、状況によって成功しない場合もあります。

そういうリスクのあるようなことはせずに、自然体の自分でいながら自己紹介をするようにしましょう。相手に分かりやすく伝わりやすい自己紹介を目指すようにすれば、良い印象を持ってもらう事が出来るはずです。

 

 その5 自慢話はほどほどに

自分の長所について話すことは、悪いことではありません。でもその時に短所も少し伝えるようにすると人間味があって良いでしょう。自分の長所だけを伝えて結果として自慢話のようなものになると、聞いている方から見ると感じが悪いと思うかもしれません。

自慢話というものは、初対面の人からは特に聞きたいとは思わない人が多いでしょう。ある程度仲良くなってからならまだ聞いてもいいかなと思うかもしれませんが、自己紹介から自慢話をされるのは、あまり好まない人もいますので気をつけましょう。

自分の長所を少し伝えるようにして、短所も伝えることにより自分のことを皆に分かってもらうことが出来ます。その時にどういうことを言おうかということは、事前に考えていくと良いかもしれません。

 

その6 夢や理想を語り過ぎないこと

夢や理想を語るタイプの人もいますが、それは聞いていて方を疲れさせてしまうことがあります。そのため少しくらいならいいのですがあまり長い時間深い内容の夢や理想について語ることは避けましょう。

誰もが聞きたいというわけではないということを最初から理解しておくことが必要です。例えば第一印象を素敵な人だと思った場合に、その人の話を聞きたいと思う異性はいるかもしれませんが、もしも第一印象で良い感じだと思わない相手なら、夢や理想を特に聞きたいと思わないわけです。

そのため、夢や理想を語りたいと思っても出来るだけ短い時間にするようにしましょう。自己紹介が短い方が、ミステリアスで良いということも実際にあるのです。

 

いかがでしたか?

合コンの自己紹介のコツとしては、自分の名前や印象を皆に残すということです。それが多少悪い印象でも本当は良いのです。

何も印象に残らないよりは例えば女性なら小悪魔っぽい印象を残したり、男性なら少しやんちゃなイメージを残すようにした方が、恋愛に結びつきやすいかもしれません。

 

まとめ

合コンの自己紹介で良い印象を与える6つのポイント

その1 長すぎる自己紹介をしないこと
その2 自分の趣味を伝えましょう
その3 同性にも好かれる自己紹介をしましょう
その4 面白いことを言わなくても良いのです
その5 自慢話はほどほどに
その6 夢や理想を語り過ぎないこと


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆