夫婦の会話に困った時に役立つ6つのネタ

夫婦の会話に困った時に役立つ6つのネタ

夫婦として長年連れそうにつれてお互いの事は大抵わかってくるため、日々の会話ネタに困ることも増えますよね。

「黙っていても心は通じ合っている」それも夫婦の醍醐味ではありますが、ちょっとした待ち時間や食事の時間に沈黙が続くのも寂しいもの。そんな時に使える、会話を続けやすい話題を集めてみました。



 

 夫婦の会話に困った時に役立つ6つのネタ

 

その1:思い出話

やはり手っ取り早いのは思い出話です。夫婦といえど出会うまでの出来事には知らないことも多くあります。質問系で過去を探れば会話は大抵続きます。

幼少時バージョンだけでも「一番古い記憶は何歳のころ?」「おねしょはしてた?」など些細な質問であれば豊富に出てきます。小学生の頃、中学生の頃…と攻めていけば、夫婦になるまでの年数が長いほど会話ネタは生まれます。

ただ質問攻めになると相手も疲れてしまいますし、この話題を楽しむためには自分の過去を面白く提供する技量も問われます。また、過去を探られたくないミステリアスタイプの人には不向きな話題かもしれませんね。

 

その2:休日の予定を立てる

なんとなく休日を過ごしているタイプの夫婦は、一緒に次の休日のスケジュールを立てるのも良いですね。「何を食べに行くか」という会話も、健全に食欲のある夫婦であれば割と盛り上がります。お肉が食べたいのなら、トンカツなのか焼鳥なのかステーキなのか、どの店に行こうか、と相手にも想像させます。「どっちでも良い」とそれ以上発展し得ない反応をされると会話は終わってしまいますが、美味しい物の話題は間違いなくポジティブですから、明るい気持ちになれるでしょう。

遠い土地に夫婦で出かけてみるのも会話を増やすポイントです。人は新鮮な感覚を持つと口数が増えるものです。後日思い出話にもなりますから、「珍しい過ごし方」を提案してみてはいかがでしょう。

 

 その3:相手の趣味を掘り下げる

趣味が共通でない夫婦におすすめです。著者の夫の趣味はギターで私には全く興味のないジャンルのため、ギターについて熱く語られても、普段は「へぇ」と軽く受け流しています。

時に夫が可哀想になり「ギターの楽譜ってどうやって読むの?」など無関心ながらも質問してみると、もちろん夫にとっては最高の話題なので嬉しそうに説明してくれます。私はそれを例に漏れず聞き流し……ていく予定なのですが、聞いてみると案外面白い答えが返ってくる事があるのです。“興味ない”と決め付けず、あえて自分から掘り下げた会話を仕掛けてみると、未知の世界の知識が増えて意外と楽しめる場合があります。相手の気分も良くなりますから、夫婦円満でいるためにも必要な会話でしょう。

【スポンサーリンク】

その4:宝くじに当たったら?

今6億円手に入ったら…というありがちな話題も、夫婦間ではリアルな声がぽんぽん出たりします。ローンも貯金も夫婦2人の問題ですから、「○億で家を買って…」と非現実的な提案をすると「いや○千万で十分」と現実的な意見が出るものです。

世界一周旅行するならまずはどこの国?この前テレビで観たイタリアにしよう!と、過去を共有してきた夫婦ならではの現実的な妄想会話が繰り広げられるでしょう。

これは妄想が苦手な人には難しい話題かもしれません。また会話が終わった時にむなしくならないよう、テンションを上げたままで締めるようにしましょう。

 

その5:人間観察

外出時におすすめの話題です。「あの人おしゃれだね。私にあの服似合うかな」など、道行く人に会話ネタを提供してもらいます。「あのカップル付き合ってどれくらいかな?」といった、どうでも良い上に本人達には余計なお世話である話題も、夫婦間でコソコソ話す分には人に迷惑をかけません。

ただし「あの人カツラだよね」などといった人を傷つける話題は、会話を聞かれた場合に喧嘩に発展したり人権問題となりますので避けましょう。道行く人の素敵な部分を見つけて褒め倒してみるのも面白いものですよ。

 

 その6:しりとり

これは最終手段かもしれませんが、そして会話ではないかもしれませんが、大人同士のしりとりは意外と盛り上がります。「芸能人しりとり」「地名しりとり」など、子供には難しく知識を必要とするお題を設定すると、なお楽しめます。

うっかり「ん」が付いてしまった場合には「ンジャメナ(意味はお調べください)」など、夫婦間でないと許されないような卑怯な手を用意しておくと、無理やり会話を続けさせることが出来ます。ただし相手に負けん気がないと続きません。

 

いかがでしたか?

夫婦間でよく使う会話ネタをご紹介してみました。「例え夫の月収が10万円下がったとしても、一日平均16分夫婦の会話が増えることで、それと同じ幸福度が得られる」という研究結果もあります。夫婦の相性を高めるためにも、お互いをより知ろうという気持ちをもって過ごしていれば、自然と会話も弾むことでしょう。

 

まとめ

 夫婦の会話に困った時に役立つ6つのネタ

その1:思い出話
その2:休日の予定を立てる
その3:相手の趣味を掘り下げる
その4:宝くじに当たったら?
その5:人間観察
その6:しりとり


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆