かまってちゃんにどうしてなるの?5つの心理

かまってちゃんにどうしてなるの?5つの心理

かまってちゃんの心理はどういうものなのでしょうか?あなたの大切な人が、かまってちゃんということはありませんか?もしくはあなた自身が自分でかまってちゃんだと感じることもあると思います。

その心理がどういうものなのかについて、お伝えしていこうと思います。



 

かまってちゃんにどうしてなるの?5つの心理

 

普段強がっているけれど本当は寂しがり

普段強がっているけれど、本当は寂しがりな人は、かまってちゃんになりやすいです。逆に言うと、かまってちゃんだからこそそうなるということもあるのです。強がっている自分にセーブをかけることが出来ずに苦しい気持ちになり、それでも弱さを見せないということもあるでしょう。

そういうことを続けていくうちに、どんどん寂しさが募っていくのです。そしてもともと淋しがりだったのが更に寂しくなってしまうこともあると思います。寂しいからこそかまってちゃんになるのです。

そして強がってしまう自分を、なんとか助けてほしいというようにサインを出しているのかもしれません。そういう場合にはたまには甘えさせてあげるということや、普段から頼れる存在でいてあげることが必要です。それを感じればかまってちゃんも、おとなしくしているかもしれません。

 

独占欲が強い

誰か他の人とのやりとりをする時間があるくらいなら、自分としてほしい!というように思うのは、独占欲が強いということがあるのです。そしてこの人を独占したいという思いが強く出てくるので、どうしてもかまってちゃんになってしまうのです。

独占欲も少しは可愛かったり魅力的なものですが、度を越すとうっとうしい、面倒くさいというように思われてしまうこともありますので、気を付けましょう。独占欲を見せるということについて、ほどほどにしておかないと相手から引かれてしまうこともあります。

そうなると、相手が離れていってしまうこともあり得ることですから、出来るだけ仲良く一緒にいるためには、かまってちゃんの面を出すのは、たまににしておいた方が良いでしょう。

 

自分勝手になっている

自分勝手や自己中心的になっていることもあるかもしれません。相手が寂しいというような時には、放置しておいて自分が寂しいというような時には、かまってちゃんになる人もいます。

そういう人の場合は、なんだか付き合い切れない…と感じますよね。お互いが良い関係でいられれば良いのですが、良い関係でいることが難しくなってきます。相手のことを自分勝手と思うようになると、もうどうでも良い存在と言うようにも思えてくるかもしれません。このように相手に思われないようにするためには、相手が辛い時や頼ってきた時には、丁寧に優しく思い遣りを持って接してあげることが必要です。

それが出来れば、かまってちゃんの面を見せても、受け止めてくれることもあると思います。

【スポンサーリンク】

自分に自信が無い

自分に自信を持つことが出来ないので、自分はここにいるというアピールをしていないと、不安で仕方がないのです。こういう人には「あなたにはこういう長所がある」というように自信をつけさせてあげることが必要です。

そして愛情がある場合は愛情を見せるようにしてあげましょう。大切な人から愛されているという現実は、大きな自信につながります。自信を持つことが出来れば、かまってちゃんの割合がかなり減ってくることでしょう。

そしてその人の将来にも良いことなのです。自信を持てないままでずっと生きていくのは、結構辛いことになると思います。かまってと言えるうちはまだ楽なのですが、それさえ言えないようになってしまうと、更に辛くなるかもしれません。

今のうちに自信をつけることが出来るように配慮をしてあげることが大切です。

 

無視されるのが怖い

無視をされるということが耐えられないというようなことがあります。できれば大切な人からは、常に注目をしていてほしいのです。でも例えば一人恋人が出来ても、その人がかまってくれないような時には、つい他にかまってくれる人はいないかを探してしまいます。

それは気が多いのではなくて、不安が先に来ているのです。やりとりをしていて、急に連絡が来なくなったりした時のために、前もってもう一人キープ出来る人を探すようなこともあるでしょう。

他から見ればそれは、二股というように言われたり浮気っぽいと思われるかもしれませんが、怖くて仕方がないというような気持ちの表れでもあります。気が小さいというようなところや、繊細という面もあるのかもしれません。

 

いかがでしたか?

かまってちゃんの心理について、お伝えしてきました。自分もこういう気持ちになったことがある!と思う人もいるのではないでしょうか。かまってちゃん自体は決していけないことではないのですが、それを前面に押し出しすぎると、結果として誰かを傷つけるようなことにもなりかねません。

かまってちゃんであることを伝えたうえで、それが少しでも軽減できるように親身になって考えてくれるような人が現れるということがベストかもしれません。

 

まとめ

かまってちゃんにどうしてなるの?5つの心理

・普段強がっているけれど本当は寂しがり
・独占欲が強い
・自分勝手になっている
・自分に自信が無い
・無視されるのが怖い


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆