片思いは辛い…気持ちを明るくするための6つの方法

片思いは辛い…。気持ちを明るくするための6つの方法

片思いはとてもせつなくなります。好きな人がいるのに、なかなか振り向いてくれない話が出来ない気持ちが伝わらない…など、うまくいかないととても辛いですよね。そして、好きな人が自分以外の誰かと楽しそうにしている所を見てしまったり、ライバルにとられそうだったり…様々な辛い思いを持つことがたくさんあるのが片思いです。

でも辛いからと言って、落ち込んでいてはチャンスが逃げて行ってしまいます。どんなに辛くても気持ちは明るくして恋をすることが、成功への第一歩です。片思いで辛いときに、どうすれば気持ちが明るくできるのかをご紹介いたします。



 

 片思いは辛い…。気持ちを明るくするための6つの方法

 

 1.好きな人がいることで毎日が変わる喜びを味わう

 片思い中は気持ちがキュンキュンとすることもあれば、「私の事どう思っているのかな」と考えて気持ちが落ちてしまったり、気持ちが安定する時間がない場合が多いです。そして、いいことよりも悪い方向に考えてしまうこともしあります。そう思ってしまうのは自分に自信がないからかもしれません。。

そうではなくて、片思い中は自分が恋をしているということ自体を楽しむようにしましょう。誰かを想ってせつなくなる自分に浸るのです。たくさん夢を見て行動をするようにしたいですね。そして好きな人に会うイメージをたくさん持って、チャンスを逃さないようにするのです。

片思いは辛いときもありますが、誰かを想ってハッピーになれるのは片思いの特権でもあるのです。そして好きな人がいることで、毎日が好きな人に染められていくことや、一日中好きな人のことで埋め尽くされることに喜びを感じましょう。そう思わせてくれるものは、人生でなかなかありません。辛いと思っていてはもったいないのです。

 

 2.縁があれば必ず結ばれるもの

 片思い中は不安で、この恋愛には未来があるのかどうかとか、もっと好きな人と一緒に居たいのにどうして会えないの…と考えれば考えるほど辛くなってしまいます。ですがそれこそが片思いということでもあるのです。

そして人と人とを結ぶものは「縁」です。これは必ずあります。あなたが好きな人と出会えたことは縁です。たくさんの人がいる中で、あなたが好きな人に出会い恋に落ちたということ自体が、すでに縁あってこそなのです。そしてこの縁が結ぶかどうかは初めから決まっているものではありません。

あなたの頑張り次第でどうにでもなるものです。言ってみれば縁があれば必ず人は結ばれることができるのです。好きな人とある縁を忘れずに、特別に思ってみるようにしましょう。

 

 3.自分をもっとアピールできるよう変化を楽しむ

 好きな人が出来ると好きな人のことを思って髪型を変えたり、新しい服を買ったり、日々の外見にもとても気を使うことが多くなります。今まで手にしなかった色の服を着てみたり、新しく髪色を変えてみたり、どんどん自分が変化していくのも良いことです。なので、この期間を辛い思いで無駄にしていてはもったいないのです。片思い中は、様々な新しい自分を発見できる時でもあります。そして、変わる自分をもっと好きな人にアピールが出来るように、片思い中であることを楽しんでみましょう。

【スポンサーリンク】

4.好きな人との可能性を思う

 片思いで辛いなと思う時は、好きな人と会った日の事だけを考えてみましょう。好きな人とうまくいく可能性だけではなく、好きな人が自分に話しかけてくれたことや、一緒に話が出来たときのことを思い返して、もしかしたら、好きな人が自分のこと少しでも興味を持ってくれているのかもしれない…と考えてみるのです。

好きな人が自分にだけに話してくれたり、わざわざ会いに来てくれたなど、好きな人との時間を思い返して幸せに浸りましょう。その上でもっと自分をうまくアピールできるようにしてみるのです。好きな人と一緒に居られた日は、それだけで嬉しいはずです。その気持ちをもう一度思い出して味わってみましょう。

 

 5.片思いを共有しあう

 片思い中の辛さを味わっているのは、あなただけではありません。世の中の片思いをしている人全てがなにかしらの片思い中のもどかしい想いを抱いていることでしょう。

そういう時は、片思いをしている人たちとその気持ちを共有することも、おススメです。片思いの悩みを話していると、その答えが見えてきたり、自分が何をすればいいのかが見えてきたりします。それは友達同士だけでなくても、ネット上のコミュニティサイトを見てみることも方法の一つです。同じように片思いをしている人がいたりするので、案外励まされるものですよ。

 

 6.恋の歌で元気に

 片思い中に気持ちを明るくしてくれるものに「恋の歌」があります。恋愛中ほど、恋愛の歌に共感することはありませんよね。ときに元気をもらったり励まされたり、自分と同じ境遇を歌っている歌に出会うととてもその歌を大事にしたくなります。

片思いが辛くなったら恋の歌を聞いて、前向きにさせてもらうこともいいかもしれません。

 

いかがでしたか?

片思いは辛いかもしれませんが、同時に幸せにもなれるのです。せっかくならば幸せな気持ちを多くして、明るく過ごしていたいですよね。以上の方法を、ぜひ参考にして下さい。

 

まとめ

 片思いは辛い…。気持ちを明るくするための6つの方法

1. 好きな人がいることで毎日が変わる喜びを味わう
2.縁があれば必ず結ばれるもの
3. 自分をもっとアピールできるよう変化を楽しむ
4. 好きな人との可能性を思う
5. 片思いを共有しあう
6.恋の歌で元気に


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆