結婚できない男には何が足らない?必要な6つのもの

結婚できない男には何が足らない?必要な6つのもの

結婚を考えたことはありますか?近頃は、結婚年齢も上がってきていて、30歳を過ぎてからの結婚も珍しくありません。ですが結婚したいと思いながらも、なかなか結婚に至れない人も多くいます。

もしかしたら、あなたは結婚できない男ではありませんか?そんなのあるわけないと思わずに、少し思い返してみてください。結婚のチャンスを逃しているかもしれません。



 

 結婚できない男には何が足らない?必要な6つのもの

 

1.自慢話を控える

 あなたは女性と話す際、どんな話をしていますか?もしかして、自慢話や自分のことを話すのが好きではありませんか?女性から嫌がられる項目のひとつに「自慢話をする」というものがあります。みんなでわいわい飲んでいる席で、いつも自分の自慢話をしたり自分の武勇伝を話す男の人は、結婚できない男と言っても過言ではないでしょう。

自分の話ばかりをする人は、なぜ嫌がられるのか。もちろん、一切してはいけないということではありません。しかし、あなたの話を一方的に聞かせているだけの自慢話は、聞き手にとってみれば相槌しかできません。そして退屈になります。

自分はこれだけの経験をしていると誰かに発信したい気持ちもわかりますが、まわりの状況をみて、人の話も聞くようにしてみましょう。話を聞いてくれる人は、女性にとってみたら好感度が高いものです。少しずつでも、自分の自慢話だけをすることをやめましょう。

 

2.プライドを抑えられる

 男性の人はプライドが高い生き物であるかと思います。これは女性の人もわかっていることです。しかしこのプライドの高さが、時に結婚を遠ざけてしまっているのかもしれません。

プライドを高く持っていることは素晴らしいことです。ですが女性とお付き合いをして、さらに結婚をしていくとなると、何かの時に見られるあなたのプライドが、女性からしたら一緒に生活する中で生活を邪魔すると思うと、あなたとの結婚は考えられなくなります。

男性と女性とはまったく考え方が違うので、女性が男性に対して理解できないことがあるように、男性も女性のことが理解できない部分があるのでしょう。ですが結婚は二人の歩みであるように、お互いの性格や個性を尊重しながら歩んでいくものです。あなただけが一方的に主張を通したいということは、通用しないものなのです。

【スポンサーリンク】

3.理想をおしつけない

 「こうあるべき」という理想を持っていますか?女性は料理が出来て当たり前と思っている男性は多いです。そして困ったとき助けてくれて当たり前と思っている場合もあります。様々な自分のポリシーがあると思います。

そうなった時に、あなたは他の人の意見を聞き入れることが出来ていますか?結婚できない男の人に多いのは、自分の理想と違う事に対しては受け入れないという面です。でもそれはとてももったいないことなのです。

自分の思い描くようにいかないのが人生です。そして様々な方法があるのに、理想と違うからといってそれを排除していると、自分の世界は広がりません。「結婚は長い会話である」というニーチェの言葉があるように、結婚はどちらか一方が話していては、成り立ちません。あなたの理想を叶えてくれる女性がいないと感じているとしたら、それは違います。お互いが共に生活をしながら、理想に近い二人を実現できる日々を作ることが結婚です。理想の女性がいないというのは、もしかしたらあなたの考え方次第で変わることかもしれません。

 

4.損得で考えている

 結婚を躊躇する男性に多いこととして、結婚をすると責任が増える、自分の時間が無くなるといった声を聞くことがあります。でもこれは男性だけなのでしょうか。結婚をする意味はどこにあるのでしょうか。結婚できない男の人は、結婚自体を損得で考えてしまいます。

ですが、結婚はそもそも損得で図ることではありません。結婚をしたから責任や自由な時間が減るという考え方が自体が間違っています。女性でも、今の仕事を犠牲にしなくてはならない自分の時間がなくなると考える人もいます。

結婚をするという事は、新しい生活の始まりです。今までの延長があるわけではないので、今までと違う生活になることが普通なのです。結婚は窮屈なものと決めつけてはいるのかもしれません。

 

5.人としての魅力を持つ

  誰からも人気がある、見た目がかっこいい性格がやさしい。どれも人としての魅力です。結婚できない男の人に持ってもらいたいのは女性に好かれる魅力です。どれだけ優しくても人気があったとしても、女性から魅力的に映らないことには女性は近づいてきません。ですが男性に人気のない人が女性から人気があるということは、あまり聞きません。同性に人気があって、さらに女性からの人気がついてくる部分があるのです。なので人としての魅力を持ち、高めることは結婚に向かう大切な条件でしょう。

 

 6.幸せを願える

 あなたは自分の事ばかり考えてはいませんか?人は人、自分は自分であり、誰かが幸せなことに対して、それはいいことだが自分には関係のないことだと、どこかで思ってはいませんか?

幸せを願えるということは、相手の立場になれるという事です。結婚にはとても重要なことでもあります。結婚できない男は、物事を誰かの立場になってみられる視点をもっと持ってみるべきです。それが自分の幸せへと繋がっていきます。

 

いかがでしたか?

自分に結婚は関係ないと思っていたが、歳を重ねていき考えに変化が出てきているとしたら、少し自分を見つめ直してみましょう。自分が変わると周りも変わってくるものです。漠然としていた思いがあるのなら、自分の芝生を整えて結婚に前向きになってみても良いですね。

 

まとめ

結婚できない男には何が足らない?必要な6つのもの

1.自慢話を控える
2.プライドを抑えられる
3.理想をおしつけない
4.損得で考えている
5.人としての魅力を持つ
6. 幸せを願える


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆