結婚記念日を忘れないでいてもらうための6つのテクニック

結婚記念日を忘れないでいてもらうための6つのテクニック

記念日に特別な思いを持つ人は多いです。誕生日はもちろん付き合った記念日や、プロポーズ記念日など…どれも忘れられません。そして、結婚を迎えて最大の記念日が出来ます。それが結婚記念日です。

でも記念日を忘れやすい夫がいると、せっかくの記念日にノープランという寂しい状況になることもあります。結婚記念日を忘れられるのは辛いものです。ではどうしたら記念日を忘れないでいてくれるのかを、一緒に考えてえていきましょう。



 

 結婚記念日を忘れないでいてもらうための
6つのテクニック

 

1.前もって話しておく

結婚記念日を忘れさせないため、記念日のことを話しておくと間違いありません。「もうすぐ結婚記念日だね」という事により、万が一その時に忘れていても思い出すことで、当日忘れることを避けられます。

また、前もって記念日に何をするかの予定を立てて入れてしまえば、その日を忘れることはありません。夫の反応を待っていても夫が忘れやすい場合はそこを諦めて、当日何もないことを避けるために、前もって話をしておきましょう。

 

 2.カレンダーを飾っておく

結婚記念日を忘れないようにするためには、家の中にカレンダーを飾っておくことも方法のひとつです。一か所と言わずにリビングや寝室や玄関にも飾りましょう。全ての部屋にある必要はありませんが、夫が比較的に目にしやすい場所や出入りする場所に普段からそれとなく飾ってあると、結婚記念日をアピールしやすいです。

すべてのカレンダーに記念日にしるしをつけていると、とても高圧的なものを感じますが、普段は予定を書き込まないカレンダーに結婚記念日だけしるしをつけておくと、意味深ですから覚えやすいです。そのため普段からカレンダーを飾っておくとアピールしやすいです。

 

 3.友人の話をしてみる

結婚記念日を意識してもらうには、時に友人の話をしてみるのもいいでしょう。友人夫婦が記念日にホテルで食事したときの話であったり、記念日だから旅行に行ったときの話など、記念日をアピールするのではなくて事柄について話すのです。

その話を聞いて「じゃあ僕たちもどこかに行こうか」と思ってくれるかもしれません。一度でも頭の中に結婚記念日のことを考えてもらうことで、スムーズに記念日を迎えることができる場合もあるのです。

【スポンサーリンク】

 4.イベントを忘れるなんてありえないと主張しておく

早い段階に主張しておくという方法もあります。もっと言えば恋人の時から、あなたが記念日を大事にするタイプであることを彼に知っておいてもらう必要があります。男性の中には、記念日を忘れてしまうという人もいます。また、その時期に抱えている仕事が立て込んでいたりすると、記念日を忘れがちで「しまった!」と思うものです。

女性からしてみれば悲しい現実ですが、そこは理解をしてこちらから発信しておくのです。一カ月前や一週間前になっても夫から結婚記念日の話題が出てこない…と思ったら注意をするべきです。それをサプライズかもしれない!と妄想をしていては後から後悔するかもしれませんので、気をつけましょう。

 

5.結婚式のときの写真を出してみる

家の中に結婚式の写真は飾っていますか?日が経つと徐々に結婚式の感覚が薄れてきますし、人によっては子供の写真に差し替わっていくこともあると思います。結婚記念日が近づいてきたら、アルバムから結婚式の時の二人の写真を部屋に飾ってみましょう。突然飾るのは不自然で気が引けるな…と思う人は、家の掃除や模様替えとともに出してみましょう。

夫が部屋の感じが違うなと思い、部屋を見渡した時に写真に目が留まれば作戦は成功です。変化を感じるとそれに対して注意深くなりますので、写真を飾ってみるということも効果的です。

 

6.結婚記念日の約束をする

何をしても夫が結婚記念日を忘れてしまうという人は、諦めて夫と結婚記念日の約束をしてしまいましょう。例えばお互いにプレゼント交換をしようと話せば、記念日にプレゼントがないということも避けられます。また記念日には待ち合わせのデートをしようと、恋人の時にもどったような約束をするのも手段です。

結婚記念日は一度きりではありません。これから何年とめぐってくる大切な日です。なので、最初が肝心です。カレ任せにしていては、いつのまにか忘れられてしまうかもしれませんので、あなたが率先して結婚記念日を誘導しましょう。それを繰り返すことにより、夫が結婚記念日を忘れなくなってくるのです。

 

いかがでしたか?

男性は女性と価値観が違うところがあるので、記念日をあまり真剣に考えてくれない人もいます。けれどせっかく二人が永遠を誓い合った日ですから粗末にすることなく、その日を大切にしていける夫婦になれるように、お互い歩み寄ってみることが必要です。

 

まとめ

 結婚記念日を忘れないでいてもらうための6つのテクニック

1.前もって話しておく
2.カレンダーを飾っておく
3.友人の話をしてみる
4.イベントを忘れるなんてありえないと主張しておく
5.結婚式のときの写真を出してみる
6.結婚記念日の約束をする


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆