結婚の生活において満足できない6つの事柄

結婚の生活において満足できない6つの事柄

憧れていた結婚生活。結婚したての頃は相手のことが大好きで、なんだって許せて、こんな幸せがずっと続くと思っていたのに…。結局もとを辿れば他人同士のふたり。

共同生活が続くにつれ、不満も出てくるものですよね。「結婚相手を間違ったかな?」と思うことだってあるでしょう。今回はそんな「結婚生活の中で満足できない事柄」を6つご紹介します。



 

 結婚の生活において満足できない6つの事柄

 

その1:愛情表現が雑になった

結婚するまでは毎日のようにメールや電話で愛の言葉をくれていたり、誕生日やクリスマスには心のこもったサプライズにプレゼントをくれたり。その度に「愛されている」実感があったことでしょう。そんな愛情表現も、結婚生活が続くと雑になるものです。

新婚の頃は毎朝してくれたキスも、いつの間にかないがしろになってしまうこともあるでしょう。プレゼントも結婚前はあんなに考えてくれていたのに…物が欲しいのではなくて、その気持ちが嬉しいのです。照れくさいけれど、好きで結婚したもの同士ですから生活の中に「好きだよ」の言葉だって欲しいものですよね。

 

その2:金銭的な不満

独身時代は自由に使えていたお金も、共同生活となるとそうはいきません。自分が稼いだお金が結婚相手と共有されることに、違和感を拭えない人もいるようです。お小遣い制の家庭も多いのではないでしょうか。

欲しいものが自由に買えなくなり、相手に打診しても却下されてしまったり…。日常生活のストレスを買い物で発散していたタイプの人にとっては、この事がむしろストレスになってしまうかもしれません。ある統計では、月収30万円の家庭が一番幸福度が高いという結果も出ています。多すぎても少なすぎても、不満の原因になりうるようです。

 

 その3:セックスレス

結婚後にセックスの回数が減った夫婦はかなり多くみられます。夫婦生活が続いて気心が知れると「男女」から「家族」に変わってしまい、相手を性の対象として見られなくなる人もいるようです。

夫側からはスウェット姿でお腹を掻く妻に「女を忘れないで欲しい」という意見もあります。仕事や家事で疲れて、更に性生活までこなす余裕なんて残っていない!という人も多いでしょう。そこで断られた側はその後言い出せなくなってしまい、セックスレスになりがちです。どちらか一方に性欲がある場合、これが原因で離婚に繋がることもあるのです。夫婦生活の中で、なかなか大きな問題でもあります。

【スポンサーリンク】

その4:義実家と相性が合わない

結婚相手の実家とうまくいかないパターンも多いです。生活スタイルや常識も、その家ならではのものだったりします。考え方の違いはあって当然なのですが、これから先の長い付き合いを思うと、気を遣って話を合わせてしまうものです。その結果疲れてしまって、関わりたくない気持ちが大きくなってしまうというパターンもよくありますよね。

義理の親と同居生活を始めた人には、リラックス出来る時間がなくなってしまったという悩みも多いのではないでしょうか。その家の常識を押し付けるような義実家とは、快適な共同生活は出来ません。そんな時に、結婚相手がクッションになってくれるか否か…ここに不満をもつ人も多いようです。

 

その5:要求が増えた

結婚前はありのままの自分を愛してくれていたのに…いつの間にか「こうして欲しい」「こうなって欲しい」が膨らんで、そればかりになってしまう夫婦も多くみられます。生活を共にする中で、相手を自分の思うように動かしたい気持ちが大きくなってしまうのです。

ですが言われた側にも主張はありますから、「そうして欲しいのなら、まずはそっちがこうして欲しい」と、延々と続く要求のループになってしまいます。人間ですから、自分を否定されるのは悲しいものです。結婚前のように、大らかな気持ちで接してくれたら嬉しいですよね。

 

その6:感謝の気持ちがない

毎日汗水垂らして働いているのに、それが当たり前になってしまうこともあります。忙しい中で作ったご飯を、黙って食べる姿を見ると悲しくなることもあるでしょう。結婚前はちょっとしたことでもお礼を言ってくれていたのに…と、こちらのやる気もなくなってしまいます。

その上「やってくれて当たり前」なんて態度を出されたら、腹が立つに決まっています。お互いの小さな努力や譲歩があるからこそ、結婚生活が成り立っているのです。感謝の気持ちは忘れずにいて欲しいものです。繰り返される日常生活の中で「ありがとう」の言葉は減りがちですが、その一言があるだけでお互いに優しい気持ちになれるものです。

 

いかがでしたか?

相手に一切不満を持たずに結婚生活を続けられる夫婦なんて、数えるほどしか存在しないのではないでしょうか。幸せな結婚生活は自動的に続くものではありません。

相性満点だと思って結婚した相手も、自分とは別の人間なのです。これから先もずっと仲良く生活していきたいのであれば、どちらかが爆発する前にお互いに歩み寄って、その都度話し合いで解決したいものです。

 

 まとめ

 結婚の生活において満足できない6つの事柄

その1:愛情表現が雑になった
その2:金銭的な不満
その3:セックスレス
その4:義実家と相性が合わない
その5:要求が増えた
その6:感謝の気持ちがない


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆