結婚しないと損をする?そう感じる6つの理由

結婚しないと損をする?そう感じる6つの理由

1人での気ままな生活が好きで、仕事にも生きがいを感じられる。結婚しなくても十分幸せなこの生活。私は結婚しない、しなくてもいいと思っている女性は案外多くいるものです。

また特定の相手がいない人だけでなく、いる人の中でも、結婚する意味を見いだせず、結婚しない人もいます。けれどもある時、結婚しないと言っていた女性からの結婚の報告に驚いたことはありませんか?そう、結婚しないと思っていても、結婚をしていく人たち。果たして結婚を決めたことにより得をしたことはいったい何だったのでしょうか。一緒に考えていきましょう。


 


 

 結婚しないと損をする?そう感じる6つの理由

 

その1 安心というものを知ることが出来る

結婚を決める理由の中で、「この人とだったら安心できる」という声が多く聞かれます。この安心できるということが、結婚しないという意思を持っている人にとって考えが変わる点でもあります。

この「安心できる」が強く影響したのが、2011年の大震災時以降、結婚をするカップルが増えたと言われています。何かトラブルが起きた時、1人で対処しなくてはならない状況の時に、頼れる誰かが居てくれるという安心が及ぼす影響はとても大きいのです。特に結婚しないと決めて生きている女性たちは1人で困難に立ち向かえるスペックを身につけています。

ですが、1人よりも2人になったときに作用する大きなパワーに気付くと、その気持ちに変化が出てくるのかもしれません。1人もいいけれど、2人の方がもっと良い方向に向かうということがあるのです。

 

その2 2人で生きる楽しさを知ることが出来る

結婚しない女性の友人と出かけたり、女子会をしたりと楽しい瞬間がきっとあります。けれど、誰かと一緒ということは気を使うものだし、それに合わせていくことが嫌と感じる人もいます。

でも一緒にいても気を使わない人が、あなたの前に現れたらどうですか?気を使うということすら感じずに、一緒に楽しい時間を過ごせて、2人でしか出来ない生活を経験すると、結婚しないという気持ちが少し崩れてくるのです。そこにときめきがあれば、尚更結婚ってお得!と思うことでしょう。

 

 その3 仕事と家庭の両立で自分に自信が持てる

1人で生活していると、自分の好きに自分のペースで暮らせて、また自由もたくさんあります。これこそ独身生活の最大の楽しさであると思います。結婚しない人たちは、結婚するとこの自由が奪われてしまうのではないかと思ったり、自分だけが苦労するのでは…と考えているかもしれません。

実際に結婚したら今ある仕事をどうするのか、家のことをやりながら責任者として仕事が務まるのかというような悩みを持つ人もいるでしょう。結婚しないと決めた人の中には、仕事で重要なポジションにいる人も多くいます。そして女性が仕事で成功していくことはとても大変なことなのです。

しかし、結婚をしても仕事と家庭が両立できて、幸せに生活している夫婦もたくさんいます。そのためにはお互いが協力し合うことが大切ですが、そこの話し合いがちゃんと出来、お互いが支えとなったとき、結婚しないと決めた生き方から、結婚しても仕事ができる生き方へ変われるのです。ここがクリアできることによって、自分には両立というものが出来るんだ!という自信を持つことが出来るのです。

【スポンサーリンク】

 その4 家族っていいなと思える

若いときはまだまだ夢も追いたい、仕事でもっと成功したいと様々な目標を持ちます。この時に結婚を考える余裕はなく、自分は結婚しないという選択をします。しかし、徐々に夢も仕事もうまくこなせるようになり、自分の生き方が出来上がってくると、ふと誰かとの生活が思うほど悪い事でもないかな…と感じることがあります。

パートナーと一緒に過ごしていて、ふと相手に家庭を思い浮かべられる瞬間があると、結婚しないという気持ちが薄れていくのです。それは家族に対しての考えが生まれた時です。自分も子供を育ててみたい、彼との子が欲しい…それは女性であるなら自然と持つ気持ちなのかもしれません。

そこに結婚という選択が訪れたとしたら、選ばないことにより損をするということもあるかもしれません。

 

その5 タイミングの大切さを知った

結婚はタイミングであるという言葉を聞いたことがあるかと思います。ですがこのタイミングがわかる人は中々いません。結婚しないと思っている人は、このタイミングというものにピンと来ていないことが多いのです。

人生の中で、選択に迫られていたり、節目を迎えたりという事が訪れます。そのタイミングで自然の流れで結婚がやってくることがあるのです。結婚しようと思って結婚するのではなく、何かのタイミングで結婚することを選ぶ瞬間です。結婚しないと決めていても、人生の流れは予測できないのです。このタイミングの重要性を知ることが出来ただけでもあなたは大きく成長することが出来ます。

 

 その6 人を好きになれた喜びを感じた

結婚という人生ではなくて自分の生きたい道を生きようと決意している人でも、その恋が、人生観を変えて、そして心から人を愛して、その人のことを思う時には結婚に対しての考えが揺らぎます。

私も幸せになってもいいのかなとか、幸せになれるのだろうかと思う気持ちになるのです。でも結婚という道が開けた時、また新しい人生が始まります。実はこの瞬間はとても幸せで価値のあるものなのです。

 

いかかでしたか?

私は結婚しないと思っている人においても、もしかしたらあなたが考えている結婚というものは実は違う形をしているのかもしれません。

その結婚の様々なきっかけに気付いていないだけということもあります。あなたの前に結婚が見えてきたときは、そのことに向き合って結婚について深く考えてみる必要があるでしょう。

 

まとめ

結婚しないと損をする?そう感じる6つの理由

その1 安心というものを知ることが出来る
その2 2人で生きる楽しさを知ることが出来る
その3 仕事と家庭の両立で自分に自信が持てる
その4 家族っていいなと思える
その5 タイミングの大切さを知った
その6 人を好きになれた喜びを感じた


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆