結婚適齢期を気にする人が減ったのはなぜ?考えられる5つの理由

結婚適齢期を気にする人が減ったのはなぜ?考えられる5つの理由

以前は20代半ばが結婚適齢期と言われていましたが、近年は30代40代になっても結婚せず、独身を謳歌している人たちが増えましたね。早く結婚するよう急かす親も減っている、という話も聞きます。

年齢にとらわれる事なくそれぞれのペースで結婚を決める人が増えた理由には、何が考えられるのでしょうか。



 

結婚適齢期を気にする人が減ったのはなぜ?
考えられる5つの理由

 

 その1:妥協したくないから

 「彼氏彼女はいるけれど、理想の相手ではない」というクールな考えを持った人が増えているようです。「結婚適齢期だから結婚」という考えよりも、自分に合った理想の人と結婚したいという信念の方が強くなっているようですね。「結婚したのにあまり幸せそうでない友人を見て、“焦ってしまって相手に妥協したからだ”と感じた」と話す人もいます。

相手の性格はもちろんのこと、外見が好みであるか、趣味が合うか、出身地や年収など…失敗したくない思いから、結婚に慎重になっている人も多くみられます。妥協を許さず「理想の人が現れた時に結婚したい」という人が増えたことも、要因のひとつかもしれません。

 

その2:一人が気楽だから

 一人暮らし人口が増え、それに伴い結婚適齢期に一人で生活している人も増えました。

一人暮らし歴が長くなるにつれ、大抵の家事はなんなくこなせるようになります。自炊をする人も増え、一方でコンビニや外食もどんどん充実してきていますから、「掃除洗濯や食事の世話をしてくれる奥さんが欲しい」という動機をもつ男性も減ってきているようです。

誰にも気を遣わず、したい時にしたい事をする。そんな生活が自分に合っている、と感じる人は男女ともに多いようです。ネットの普及により、周囲とのコミュニケーションも自分のペースで気楽に取れるため、結婚適齢期に「一人が寂しい」と感じる人が少なくなったのかもしれません。

【スポンサーリンク】

 その3:周りも未婚だから

 仲の良いグループに未婚が多いと、結婚を急ぐ気持ちも生まれない傾向にあります。結婚適齢期を過ぎても独身でいる人が増えたことで、独身同士で気ままに過ごす時間を楽しむ人も多いようです。

2012年の日本人の平均初婚年齢は、男性30.8歳、女性29.2歳となっています。1980年からの約30年で男性は3歳、女性は4歳も上昇しています。年齢にとらわれず自分のペースで結婚を考えることが、今や常識となってきているのでしょうね。

 

その4:いつまでも若い人が増えたから

 「三十路」と聞くとなんだかもう“若さの賞味期限切れ”のようなイメージを持つ人は、未だに少なくないと思います。ですが周りの30代を見るとどうですか?女性はまだまだ綺麗さを保っていますし、男性も若々しくお洒落を楽しんでいる人が多くなりましたよね。

三十路を過ぎても、まだまだ恋愛出来るのです。10歳以上年の離れたカップルも増えていますが、それに比例して、以前は少なかった女性が年上のパターンも増えています。結婚適齢期を越えても、そこをストライクゾーンとする人がたくさんいるのです。

包容力や経験など、年上の魅力は大いにあります。若さは武器だと思っている20代の方、今や40代がライバルになることだってあり得るのですよ。

 

 その5:子供が出来なくても構わないから

 出産適齢期を気にしない人が増えたことも、要因の一つと考えられます。経済的に子供を育てる余裕がないから産まないという人や、仕事を辞めたくないから産まないという人が多くなってきています。待機児童の問題や小児科の減少など、子供を安心して育てられない環境はまだまだ改善されておらず、子供を作ることに消極的な人は増え続けています。

以前は若いうちに子供をたくさん産むことが良いとされていたため、それに伴い結婚適齢期も若くあったのだと思われますが、出産しないのであれば結婚を急ぐ必要性も低くなりますね。少子化は国の大きな問題ではありますが、子供を作らず夫婦水入らずの人生を楽しむ自由が尊重される時代でもあるのです。

 

いかがでしたか?

考えてみれば、そもそも「結婚適齢期」と時期を決め付けること自体おかしなもので、結婚にふさわしい時期は人それぞれですよね。適齢期に結婚したからといって、それがその人に適した結婚であるとは限りません。「もう30だから」などと焦って結婚を決める必要はないのです。

もちろん若いうちに勢いで結婚することも、著者は素敵だと思います。ですが一方で結婚適齢期に未婚であっても「自分の適齢を見極めている」と胸を張って良いと思うのです。そんな人が増えれば、ひょっとすると離婚率が下がったり…?するかもしれませんね。

 

 まとめ

 結婚適齢期を気にする人が減ったのはなぜ?考えられる5つの理由

その1:妥協したくないから
その2:一人が気楽だから
その3:周りも未婚だから
その4:いつまでも若い人が増えたから
その5:子供が出来なくても構わないから


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆