告白された時の5つの対処法

告白された時の5つの対処法

真剣な様子で告白をされた…。私たちは告白されなれている人というのはあまりいないものです。なので突然のことに、どうしていいかわからず、うまく返事ができずに困ってしまうこともあるでしょう。

そこで、告白された時の対処法をご紹介いたします。知っておいて、損はないはずですのでぜひご覧ください。



 

 告白された時の5つの対処法

 

その1 相手の気持ちを受けとめること

告白されたときというのは、なぜ?どうして?なんでこの人が?と理解できず、また思ってもいなかった人からの告白となると、断ることばかりに頭がいっぱいになりがちです。ですが、告白をされた時はいったん落ち着いて、まずその場の状況をよく理解しましょう。

また、相手が真剣であればあるほど、自分も真剣になって返事をしなくてはなりません。びっくりしているかもしれませんが、相手も同じような緊張を持ってあなたに告白をしているという気持ちをまず受けとめてあげましょう。その上で、自分の気持ち、そして2人の関係などを明らかにしていけばいいのです。いきなり相手を否定したり、罵ったりすることはやめましょう。

 

その2 相手の話しをよく聞くこと

告白された時というのは、最終的には付き合うか付き合わないかになります。相手のことが好きなのかそうでないのか、今まで恋愛対象と思っていなかった人であるとなおさら困惑してしまうはずです。また、自分には別に好きな人がいて、告白は受けられないとわかっているとしても、相手の話しはよく聞きましょう。

告白されている間は、その人に付き合い、時間を与えてあげる気持ちで、相手の話しを聞くのです。あなたの態度が真摯であればあるほど、告白がうまくいってもそうでなくても、相手は納得してくれるものです。告白された時は相手の態度だけでなく、あなたの態度も大切になってくるのです。

 

その3 自分の気持ちはしっかり伝えること

告白されたときに、中には迷ってしまうという場合もあります。気にならないわけではないけれど、今気持ちがそこまであるわけではないというように、自分の状況や気持ちによっては、気持ちがはっきりできない場合もあることでしょう。

しかし、ここで曖昧な態度はしないほうがよいのです。相手に期待を持たせることになってしまいます。告白を保留にされると、ダメかと思う反面、期待してしまうこともあります。また、考えさせてほしいという答え方も告白の際は多いものですが、その間に別の人に告白してみたり、そっちがうまくいくなら、告白は断るというように相手を保留状態でつなぎとめておくというのは、いささか考えものです。

相手の気持ちをもてあそぶことはよくありません。しかし、曖昧な態度で返事をすることもよくありません。告白された時は、自分の今の気持ちを素直に伝えることが、相手にとても嬉しいものです。告白をうけられない場合でも、素直で正直な気持ちが相手には一番伝わるのです。

 

その4 周りに言わないこと

告白された後に、その事に対して友達に相談したり、ネタにして盛り上がったりする様子を見ることがあります。しかし、それは自分本位の行動なので、周りにペラペラと話さない方がいいでしょう。告白は、自分だけでなく相手の立場もあるものです。うまくいった場合はともかくとして、ダメだった場合、落ち込んでいるのは相手である可能性は高いはずです。告白に答えられなかったという罪悪感を感じる必要はありませんが、告白をして、断られて少なくとも落ち込むだろうという配慮をもっていたいものです。

また、告白されたことを周りに話し、周りが知っているという様子を見ると、あなたとはプライベートは筒抜けになってしまうという警戒をされてしまうことがありますので、告白された時は波風たてず、静かにしておきましょう。

 

その5 意識しすぎないこと

告白された時、またそのあとというのは、2人の関係が気まずくなる瞬間でもあります。告白が成功した場合はともかくとして、告白を断った後というのは、どこか自分が悪いことをしたような気持ちになったり、また告白された相手のことを変に意識して、嫌いになたりしてしまうことがあります。意識するのもまるで興味があるように思われてしまうということで、無視してやり過ごすことも多いパターンでもありますが、なるべく普段と変わらない様子を保てるようにしましょう。

また、相手に申し訳ないからと変に気づかったり、優しくしたりするのもやめておきましょう。告白を断った時は、なるべく相手をそっとしておくことも思いやりです。

 

いかがでしたか?

告白された時は相手だけでなく、自分の気持ちがどうなのかもとても大切になってきます。なので、気持ちに嘘をつかず、また相手に誤解をさせないよう、その場で対処できるように心がけたいものです。それは告白された時だけでなく、自分が告白をするときにもわかるものです。ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

告白された時の5つの対処法

その1 相手の気持ちを受けとめること
その2 相手の話しをよく聞くこと
その3 自分の気持ちはしっかり伝えること
その4 周りに言わないこと
その5 意識しすぎないこと


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆