音信普通の心理はどういうもの?対処法についても考えていこう

音信不通の心理はどういうもの?対処法についても考えていこう

メールをしても返信してこない人や、絶対に連絡を自分からしてこない人も。しばらく放置しても全く平気な音信不通の心理は様々なものです。

「知らせがないのは良い知らせ」と昔から言われていますが、連絡しても返事が来ない時は、相手がどんな状態なのか不安になりますよね。しかし音信不通の心理では、そんな相手の気持ちを考えることもなく、自分勝手な推測で返事をしないことがほとんどです。

コミュニケーションは面倒でもしっかり取りたいものです。そこで気になる音信普通の心理について見ていきたいと思います。



 

音信不通の心理はどういうもの?
対処法についても考えていこう

 

相手をわざと心配させたい

恋愛関係でよくあるのが音信不通の心理で、相手をわざと心配させようとするパターン。好きな人に対して、もっと自分を注目して欲しい、意識してほしいと思う時にわざとメールが来ても返信をしないのです。

すると連絡をしてきた人は、相手に何かあったのかと不安になり、またメールや連絡をしてきますよね。とにかく自分のことだけに集中してほしい!と思う時に音信不通になる心理があります。

相手が心配している姿を想像すると満足して、時間を置いてからわざとらしく自分から返信をする人もいるでしょう。でも相手をじらす作戦が効果を発揮すればいいのですが、誤解が生じてそのまま連絡が途絶えてしまう場合も。

 

面倒くさいから連絡をしない

音信不通の心理は、相手が心配する気持ちも知らず、ただ単に連絡しない場合もあります。さほど重要な内容のメールでない場合は、既読にしておけば返事する必要はないだろうと考えてしまうのでしょう。

どうしても返信してほしい時には、必ずメールで返信するように相手にアピールしましょう。普段からやりとりをする相手なら、やりとりのタイミングをよく知っていますから、少しでも時間が経つと不安になりますよね。

でも音信不通になりやすい人なら、送る側もそれほど期待しないで返信を待っていることもあるでしょう。面倒だと思ったとしても、せめて大切な内容や連絡事項などについては、短い文章でもいいので返事をしたほうが、相手との関係性がちゃんと保たれるのです。

 

連絡したくない理由がある

音信不通の心理には複雑な場合があります。わざと連絡しないのは理由があるため。相手に対して不快な思いがある、または嫌いな人からのメールの時。自分にとって不利になるようなメールなどについても音信不通にして誤魔化しているのです。

メールを一度始めるとなかなか終了しない「メール好き」のタイプもいますよね。忙しい時にきたメールを軽く返信すると、相手が喜んでどんどんやりとりが続いてしまう場合も。そんな場合は連絡をあえて自分からせずに、相手からしつこくされるまでは放置しておきたいと考える人もいます。

音信不通の心理はたまたま連絡をし忘れるのでなくて、したくなかったりできない理由がある場合も。

【スポンサーリンク】

こまめに連絡をしない性格

しばらく連絡がない人については、どうしているか心配になるのは当然の気持ちです。あまりにも音信不通になっていると、ある日急に連絡をとるのもとてもタイミングが難しいもの。

でもなかには連絡が取れない状況でもなくて、問題がないのに連絡をしないタイプもいます。それはこまめに連絡ができない性格のためでしょう。

自分の思っているようなコミュニケーションをとるためには、相手の性格をよく知ることが最初のステップです。音信不通の心理は単に連絡がマメにできない、自分から連絡することがなくて、相手から連絡が来れば返事をするタイプもいるでしょう。

こういう性格の人は周囲が心配していていも、本人は意外と平気な顔をしていることが多のです。

 

忙しくて連絡できない

音信不通の心理のなかで多いのが連絡を取る暇がないこと。緊急の用件や大切な人にはしっかり連絡を取りますが、いま返信しなくても良いものはついつい後回しに。仕事が忙しくて、読んだメールの返信をするのをすっかり忘れてしまうこともあるでしょう。

この手の忙しい人の場合は、大切な要件は何度もメールで連絡すると良いですね。忙しい中でも返信をしてくれる可能性があります。

しかし仕事の場合など大切な時に音信不通を貫いてしまうと、自分にとって不利になることも。短いメッセージでもいいので、送って来た人に対しては必ず返信をするのは、本来は大切なマナーだと言えるでしょう

 

いかがでしたか。

音信普通の心理は、こまめに連絡をする人から見ると納得できない点が色々あるはずです。今はLINEになっているので、メールの場合は後回しにして忘れてしまうこともよくあります。相手の顔が見えないからこそ、もっと慎重にやりとりをしないといけない場面も。

恋人関係、家族、友達、あらゆる人間関係がありますが、連絡をくれた人に対して返事をするのは相手への思いやりでもあるのです。良好な人間関係を築くためには、面倒に感じたり疲れたりしていても、時には我慢して連絡を取りあうのも必要なことと言えるでしょう。

 

まとめ

音信不通の心理はどういうもの?対処法についても考えていこう

・相手をわざと心配させたい
・面倒くさいから連絡をしない
・連絡したくない理由がある
・こまめに連絡をしない性格
・忙しくて連絡できない


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆