LINEで脈あり!と感じる5つの時とは?

LINEで脈あり!と感じる5つの時とは?

LINEで脈ありが出ているような男性もいますよね。LINEでのやりとりをしている中で、脈ありの場合は、気が付くこともあるものです。ではどのような時に、男性からのLINEに脈ありを感じるものなのでしょうか。一緒に考えていきましょう。



 

LINEで脈あり!と感じる5つの時とは?

 

メッセージが長い

短文でのやりとりをすることが多いのが、LINEの特徴です。でもそういう中でも長文が結構多いことになると、そこには、相手を好きという思いが入っているのかもしれません。伝えたいことが多いので、自然にメッセージが長くなるのです。

本来はLINEのメッセージが長いのは、女性の場合が多いのですが、男性なのになぜかメッセージが多いようなことがあるかもしれません。しかもそれが何度も続くということになると、まだまだ伝えたいことがある!ということを表しているのです。

もしもメッセージがいつも長いような男性がいたら、脈ありだと思っても良いでしょう。メッセージが苦手な男性も時にはそういうこともあるかもしれません。でもその割合的に、脈ありかどうかが伝わってくることもあるでしょう。

 

通話をしたらなかなか切ってくれない

通話をしたいと言ってくるので、そのたびに通話をすることもあるでしょう。でも通話をして切ろうと思っても、なかなか切らせてくれないようなことがあります。「あっそういえばさ」というようにして、話を続けることもあるでしょう。

「じゃあそろそろ…」とこちらから言っても、相手が何か違う話題を出してくるようなこともあるのです。それは好きな女性ともっと話していたいという思いがあるからでしょう。もしもどうでも良い相手なら、そのようにはなりません。

たまたま数回は長い通話になっても、毎回のように長い通話をしてくるということは、明らかに「もっとつながっていたい!」という願望があるのでしょう。

 

頻度がとても多い

LINEの頻度というのは、愛情のバロメーターと多少関係があります。この女性が好きだ!と思うと、どうしてもLINEの頻度が多くなるのです。なんだか毎日のように、しかも1日に何回もLINEが来るなぁというような時には、相手から好かれている可能性が高いでしょう。

暇だからということでLINEをしてきても、やりとりが盛り上がらないような時や、どうでもいい相手なら、そんなにLINEを毎日のようにはしてこないものです。これを習慣づけることにより、自分をアピールしようとしていることも多いでしょう。

毎日のLINEをすることにより、自分という存在をしっかりと印象づけるようにしたい気持ちがあるのです。

【スポンサーリンク】

連絡にムラがある

連絡の仕方にムラがあるような男性もいます。かなりの頻度でLINEの連絡をしてきたと思ったら、急にぴたっと連絡が来なくなるようなこともあるでしょう。そしてその後にまたLINEが頻繁に来たりするのです。

それは、こちらの反応を見ていることが多いでしょう。こちらの反応が気になるので、どうしても連絡にムラが出てしまうのです。あまりマメにばかりしていても、嫌われるかも…と悩んでいることもあるでしょう。

そして頻度を少なくすると、とても淋しくなり耐えられなくなるようなこともあるのです。自分の中で迷いや悩みがあるので、連絡にムラが出てしまうのでしょう。

 

スタンプ率が低い

スタンプ率が高い男性は、LINEを遊び感覚だと思っていることが多いでしょう。もしくはLINEでの連絡自体があまり好きではないようなこともあります。でも好きな女性に対しては、出来るだけスタンプを使わずに会話をしようとすることもあるでしょう。

スタンプばかり使うと嫌われそう…と思う男性心理もあるのです。女性の方からスタンプをしてきた時には、それに応えるようなこともあるでしょう。でも男性の方からはスタンプをほとんど送ってこないで、メッセージをメインにしていることがあるはずです。

それは脈ありの女性に対してだからこそです。スタンプでのやりとりを楽しむ余裕が無いこともあるでしょう。もしくは好きな女性だからこそスタンプを使わずに、言葉でのやりとりを求めるのです。

スタンプを送ってしまったら、相手からの言葉をもらえずにスタンプが返ってくると思い、それでは淋しいなと思うため、スタンプ率が低くなることが多いのでしょう。

 

いかがでしたか。

LINEで脈ありを感じる時は他にもあるでしょう。でも実際にやりとりをしていて、相手の気持ちがLINEのメッセージに段々と出てくるようになることが多いでしょう。隠していたい気持ちがあったとしても、男性はその辺りは不器用なのでどうしても自分の思いが出てしまうのです。

でももしも気持ちが出てしまっても、どうしても相手と連絡がしたい!と思うので、連絡をすることになるでしょう。そういう中で「あれ?脈ありかも」と思うことがあっても、それについては、出来ればそっとしておいた方が良いかもしれません。

他の時に、こちらからも脈ありサインを見せるようにすると良いですね。その方が思いやりがあるので、相手も安心感を持つことになるでしょう。

 

まとめ

LINEで脈あり!と感じる5つの時とは?

・メッセージが長い
・通話をしたらなかなか切ってくれない
・頻度がとても多い
・連絡にムラがある
・スタンプ率が低い


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆