メールで告白をする時の5つのポイント教えます☆

メールで告白をする時の5つのポイント教えます☆

メールで告白をする時には、どのようにすれば効果的でしょうか。メールでの告白の経験が無い人にとっては、特に悩むところだと思います。

今回はメールで告白をする時のポイントについてお伝えしていきましょう。



 

メールで告白をする時の5つのポイント教えます☆

 

いきなりの告白はNGです

いきなり告白の言葉を書くと、相手が驚いてしまうことになります。しかも、相手が忙しい状態というような時には、困ることになるでしょう。まずは挨拶のような言葉から始めることが望ましいでしょう。

今、相手が忙しいかどうかということを確認したうえで、告白のタイミングを見つけるようにしましょう。そのためには、いきなりの告白ではなくて、相手とのメールのやりとりを何度かしてみた方が良いですね。

実際に相手が時間や心に余裕があるのなら、メールの返信が早い場合が多いです。その返信スピードによって、告白をするのなら今というようにして決めることが必要です。

 

絵文字や顔文字の多用はしないでおきましょう

普段から友達とのメールの時には、絵文字や顔文字やメールをデコることを当然のようにしている人もいるでしょう。でもそういうメールを嫌う人も、中にはいるのです。特に告白のような真剣な内容の時には、顔文字や絵文字は出来るだけ使わない方が良いでしょう。

本当に真剣に告白をしてきているのかと、疑われてしまうようなこともあります。ハートをたくさん使えば気持ちが伝わると思うかもしれませんが、そうでもないことも多いのです。

自分にとっては、これで気持ちが伝わりやすいと絵文字や顔文字を多用してしまうかもしれませんが、相手から見るとふざけているとも取れるのです。ふざけていると思われないためには顔文字や絵文字は使っても1回ずつくらいが良いですね。

相手が顔文字や絵文字をたくさん使ってきたとしても、こちらからの告白メールの場合は、出来れば顔文字なしにした方が、真剣さが伝わると思います。

 

長文すぎないようにしましょう

長文すぎることにより、相手が疲れてしまいます。相手が疲れてしまうような長文メールは避けるようにしましょう。相手が読んで疲れてしまうような内容になると、相手は見て疲れてしまうことになります。

しかも、内容がよく伝わらないこともあるのです。好きという気持ちを伝えたい時には、あまり長文のメールは送らない方が良いでしょう。長文のメールを読む時間が相手に無い場合もあります。

そういう場合には、相手は返信に困ることになります。返信に困るということは、相手からなかなか答えをもらえないことにもつながるのです。そして、返信を待って不安になってしまうこともあるでしょう。

かといってあまりにも短文ということになると、本気なのかどうか分からないということにもなりかねます。

出来れば、ある程度ちょうど良い長さというものを意識してみましょう。読んで疲れない程度、真剣さが伝わる程度の長さがベストです。大体は5行くらいか、スクロールいらずくらいの長さを目指すと良いでしょう。

【スポンサーリンク】

送る前に読み直してみましょう

相手に送る前に何度も読み直すことが必要です。もらった側の気持ちになって読んでみることをしないと、これを送って相手がどう思うかが分からなくなります。

相手の立場になってメールを読むためにも、自分の書いたメールを読み直す必用があります。こういう内容だと相手に迷惑かもしれないと思うのなら、表現を変えるという方法もあります。

相手の心に響くような内容を書くことが必要です。そのためには、何度か読み直すと良いでしょう。護持脱字などがあることにより、メールのイメージが悪くなることもありますので、気を付けた方が良いでしょう。

 

メールから通話に切り替えてみましょう

元々メールが苦手という人も少なくありません。そういう相手には、今忙しい?というメールを送って、話せそうなら話すようにした方が良いでしょう。言葉で伝えた方が温度が伝わりやすいというメリットがあります。

自分にとってもどちらが告白がしやすいかを考えてみましょう。もしも通話の方が告白がしやすいと思うのなら、通話をしてから告白をするという方法も考えてみると良いですね。その場の流れで、決めても良いことですが、いきなりのことになると慌てる場合もありますので、自分で、ある程度イメージをしておくと良いですね。

メールをしていて通話が可能なら通話をして、そこで告白をするというようにして考えておけば、いざという時でも慌てずに落ち着いて告白が出来るはずです。

 

いかがでしたか?

メールで告白をする時のポイントについて、お伝えしてきました。メールで告白をする時には、慌てずに伝えたいことを落ち着いて考えてから、書き始めると良いですね。気持ちを丁寧に伝えることによって、相手に伝わることが出来るはずです。

相手の心に響くメールを書くためには、こちらの素直な気持ちを表現するようにしてみると良いと思います。

 

まとめ

メールで告白をする時の5つのポイント教えます☆

・いきなりの告白はNGです
・絵文字や顔文字の多用はしないでおきましょう
・長文すぎないようにしましょう
・送る前に読み直してみましょう
・メールから通話に切り替えてみましょう


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆