男と女の違いを理解することで、付き合い方が上手になる5つのコツ

男と女の違いを理解することで付き合い方が上手になる5つのコツ

男と女の違いを考えたことがありますか?自分はこう思うのにどうしてあの人はあんなことを言うんだろう…というようにして理解出来ないこともあるかもしれません。元々男と女の違いというものがあるので仕方ないということもあるのです。

それを知ることにより、付き合い方が上手になれる可能性が高いので、そのコツをお教えしましょう


 


 

 男と女の違いを理解することで
付き合い方が上手になる5つのコツ

 

 その1 男性は理論的で女性は感情的

一般的に男性は理論的な考え方や物の言い方をします。その方が男性としては楽だということもあるのです。でも女性はどちらかというと感情的なタイプが多く、話し方もそういう話し方になりがちです。

この時点でもしもお互いが喧嘩をしてしまうと、うまくいくわけはありません。話合うことも出来ないということもあるでしょう。一般的に男性は理論的で女性は感情的なんだということを、お互いが理解していることが必要です。

それを理解することが出来れば、相手の話を聞く時の対応も変わってきます。出来るだけ相手と仲良くしていきたいと思うのであれば、まずは男女のこの部分が違うということをしっかり把握することが必要です。そして少しでも相手の立場になるように心がけましょう。

 

 その2 男性は言葉にすることを苦手とし女性は言葉を欲しがる

一般的に男性は親しい女性に対して、何も言わなくても心が通じ合うというような関係を望んでいます。しかし女性の方は、親しい男性に対しては特に何でも話し合って、一緒に行動することを好むことが多いです。

それはどちらも間違いではありませんが、男性としてはそこに安らぎを見出すわけですから、女性に会社での話などを無理やり聞き出されても辛いだけなのです。もしも結婚して女性も働いているということであれば、仕事の話をお互いにしたいと思う気持ちも女性側にはあるかもしれませんが、男性の方は家庭に仕事を持ちこまないというタイプが多いです。

そのことを理解しておくことが重要なのです。もしも恋人同士であってもこの部分の違いにより付き合い方が全然変わってくるということがあるはずです。

 

 その3 男性は女性に負けたくないと思い、女性は男性と対等でいたい

男性は女性に対して負けたくないという、男のプライドが強く働きます。でも女性の方は男性とは対等でいたいと思うことが多いのです。男性側が自分の知っていることを自慢げに話すことは多いですよね。

これを見た時に、女性としてはなんだか偉そうだな…と思うかもしれません。でも男性とうまくやっていくためには、こういう時には相手の男性のことを物知りだねというように褒めてあげる必要があります。つまりは男のプライドを大切にしてあげるのです。

自分の方が優れていると女性が思ったとしても、そこを一歩譲ることが女性にとって必要なことだと言えるでしょう。

【スポンサーリンク】

その4 男性は人と違う自分でいたいけれど、女性は他と同じでいたい

出世欲が強いのは男性の方だと言われるように、男性は他とは違う自分でいることを望みます。でも女性の方は、他よりもあまり目立つことをしたくないという思いがあります。逆に自分が他よりも劣っているというようなことがあった時には、女性はなんとかして他の部分で人と合わせようとします。

仕事の話をした時に男性と話していて合わないような気がするのは、そこから来ているのかもしれません。基本的な部分で違いがあるのです。でもそれを無理にお互いが変えることはありません。男性は男性の考えがありますので尊重をしてあげることが重要です。

つまりは他よりもこういう部分があなたは優れているということを、伝えてあげることが重要なのです。逆に女性に対しては他と違うというようなことではなく、新しい環境の中でも、うまくやっていけていることを褒めてあげるといいかもしれません。つまりはお互いがお互いを尊重することが必要なことなのです。

 

その5 男性は甘えることを恥ずかしいと思い女性は甘えられないことが辛い

男性は女性に対して甘えるということを、恥ずかしいと思うところがあります。だからこそ、出来るだけ弱いところを見せないようにするということもあるでしょう。でも女性においては、自分はどうして男性に甘えることが出来ないのだろう…と辛く感じることが多いようです。

男性は女性から甘えてほしいという思いを持っていても、それをしてくれない女性を見て、自分は男性として頼り無いのだろうかと悩んでしまうこともあります。基本的には甘えたいと思う女性は多いのですが、甘え方が分からないということが多いのです。

子供の頃からあまり甘えずに生きてきた女性の場合は、特にそうです。甘えるということが出来ないまま育ってしまったのです。逆に小さな頃から甘えることが出来ていたという女性においては、大人になっても甘えることが出来る場合が多いです。

そう考えると、甘えることが出来ない自分というものを辛く感じるということは、女性としてあるかもしれません。そういう女性の気持ちを、男性は理解してあげなければいけないのです。

 

いかがでしたか?

男と女の違いというものは、たくさんあります。でも同じ感覚ではない部分が多いからこそ、お互いに興味を持つということもあるのです。違う考えを持つからこそ、新しいアイデアが浮かぶというようなこともあります。

男女がお互いに助け合って、譲り合い尊重し合いながら過ごしていくことが出来ることがベストだと言えるでしょう。

 

まとめ

 男と女の違いを理解することで付き合い方が上手になる5つのコツ

その1 男性は理論的で女性は感情的
その2 男性は言葉にすることを苦手とし女性は言葉を欲しがる
その3 男性は女性に負けたくないと思い、女性は男性と対等でいたい
その4 男性は人と違う自分でいたいけれど、女性は他と同じでいたい
その5 男性は甘えることを恥ずかしいと思い女性は甘えられないことが辛い


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆