rennaiizon

恋愛依存症かもしれない…と思う5つの時

恋愛をしている時、自分が恋愛依存症かもしれないと気づいたことはありませんか?どうしても相手に依存してしまい、わかっていながらも、それを改めることができない。相手のことが好きなだけなのに、難しいですよね。

人が自分は恋愛依存症なのかもしれないと思うときはどんな時なのか、ご紹介したいと思います。



 

恋愛依存症かもしれない…と思う5つの時

 

その1 相手との約束がないと不安

 好きな人ができると、一緒に食事したり、デートしたり、何かしら一緒にいる時間が増えますが、まだまだ日が浅い付き合いのときに、次の約束がないとなったとき、不安でたまらないと感じることがあると恋愛依存症の可能性があります。

本来、お付き合いをしている間柄ならば、次の約束というものがなくても、会いたいときや声が聞きたいとき、また自分から誘ったり誘われたりしながら付き合って行くことと思いますが、恋愛依存症の場合は先の先まで約束がないと不安になってしまう、次の約束が出てこないことに、「もしかしたらこのまま終わるの?」といらない不安を抱いてしまうものなのです。それは自分の自信のなさと、また付き合う関係の意識のずれから出てくるものであり、何かがきっかけで捨てられてしまうかもしれない、嫌いになってしまうかもしれないという思いをいつでも抱いているので不安になってしまいます。

そういう時は、自分からも約束の提案をしてみたり、約束がなくても二人の関係が強いものにしようと意識する方へ考え方を変えることが良策です。

 

その2 必要とされていたい

 恋愛依存症の人は好きな人に尽くしてしまう人も多く見られます。尽くしすぎるため、相手からいつのまにか「都合のいい女」扱いになってしまうこともしばしばです。電話すればすぐに出てきてくれる、都合が悪くて予定をキャンセルしても怒らず聞いてくれる。一見するととてもいい女性に聞こえますが、これはかえって恋愛依存してしまう傾向にあります。

好きな人のために、好きな人は困っているならいつでも助けてあげたいという気持ちは、ときに相手をダメにもします。そしていつも聞きわけのいいあなたのことに対して、あまりにも楽な付き合いなため、頑張らなくもなってしまうのです。

相手のことを考えるのならば、自分の気持ちを伝えることが大切です。「私のことはいいから」と言うのではなく、今から会いたいと言われたら、「近くまできて」や、予定をキャンセルしたいというなら、「何かおごってね」と、かわいく甘えて、相手のために動いてあげることで、恋愛依存症でなくなってきます。お互いが思いあってこその付き合いをしましょう。

 

その3 全て恋愛中心

 自分の生活の中に「恋愛」という時間が出てきた場合に、それまでと違った幸せな感覚に、それをもっと味わいたいため全てが恋愛中心になってしまうことが恋愛依存症です。仕事を真面目にしてきた人ほど、恋愛してしまうと、好きな人優先になってしまったり、無理に仕事の予定を変えてでも好きな人に会いたいと思うようであれば、依存症の可能性は高いです。

恋愛中は楽しくて、いつでも会いたくなるものですが、まずは自分の生活がしっかりあってこその恋愛です。自分の生活がガタガタになってまで好きな人に合わせたり、自分を犠牲にするのは間違っています。

恋愛中心にするためにも、今ある生活もしっかり保ってこそ、恋愛が楽しくなるのです。

【スポンサーリンク】

 その4 急に会いにいってしまう

 我慢できず、好きな人が気になってしまい、何も連絡せず会いに行きたい衝動にかられる。本人はサプライズでと思っていることかもしれませんが、連絡なしに突然会いにいってしまうことは、人によっては「重い」と受け取ったり、自分の気持ちがコントロールできないのではと、恋愛依存症を疑われる行動でもあるということを知っておきましょう。「急に会いたくなって」というシチュエーションはドラマだけの演出です。実際に急に会いにくることが多い場合は考えものです。恋愛依存症の人は相手のことといいながら、本当は自分のことしか考えていない場合が多いので、気をつけましょう。

 

その5 わかっていても、相手を信用できない

 恋愛依存症の人は好きな人一色に染まってしまうというイメージですが、恋愛依存症の人ほど、好きな人のことを信用できていないという心理があるのです。会えない時間、連絡のない時間にあれこれを想像してしまい、「もしかしたら他の人と電話してるのかもしれない」とか、「他の人と食事に行ってるのかもしれない」とあらゆることが不安の種となってしまうのです。「今日は友達と遊んでくる」と言われれば、もしかしたら他の女性もいるかもしれないと、素直に相手の言葉を信じることができないのです。

まずは相手のことを信用することです。好きと言ってくれることや、自分のために動いてくれたことを思い出して、そこだけを見てあげましょう。そうすることによって、いい関係が築きあがるのも恋愛です。

相手を疑うのではなく、信じることです。

 

いかがでしたか?

もしかしたらあなたも恋愛依存症になってしまうような時があるかもしれません。人は誰でも好きな人のことを思いながら、不安になることがあるのです。ですが、不安で時間を無駄にしてしまうのではなく、もっと二人が楽しくいられる時間になることを考えて、付き合っていけるようになりたいものです。参考にしてみて下さい。

 

まとめ

恋愛依存症かもしれない…と思う5つの時

その1 相手との約束がないと不安
その2 必要とされていたい
その3 全て恋愛中心
その4 急に会いにいってしまう
その5 わかっていても、相手を信用できない


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆