恋愛体質の人の5つの態度

恋愛体質の人の5つの態度

自分の恋愛スタイルってありますよね。誰かを好きになったら周りが見えなくなるほど恋一色になる人もいれば、お付き合いを始めても変わりない生活を送るため、相手にもっと時間を作ってと言われている人、自分の恋愛にも癖があるものです。

特に恋愛体質の人が取る態度というものがあります。気づいていないだけで、もしかしたらあなたも恋愛体質かもしれません。ご紹介いたします。


 

恋愛体質の人の5つの態度

 

その1 好きな人に染まる

 恋愛体質の人は、好きな人が出来ると好きな人に染まっていきます。好きな人と同じでいたいという気持ちを強く持っているため、次第に好きな人と似たような雰囲気にもなります。中には好きな人のタトゥを入れる人もいます。

恋愛体質の人は、好きな人に染まりだすのは何も付き合ってからではありません。片思いをしているときからでも、好きな人がサッカーが好きと聞けば、自分も見だしていつのまにか応援をしています。好きな人との共通点を見つけるということは、恋愛の距離を縮めることも出来るので実はとても効果的であったりします。

また、同じ雰囲気の人同士は自然と惹かれあったり、友達になったりということもあるので、好きな人に染まること、実は恋愛では大切なことなのです。

 

 その2 好きな人中心の生活になる

 これは多くの人も経験したことがあるのではないでしょうか。好きな人ができると、私生活を犠牲にしてでも会いたい、時間を作るということをすると思います。ですが、恋愛体質の人はもっと好きな人中心の生活になります。

例え仕事があっても、仕事の付き合いの飲み会があっても、好きな人に呼ばれれば好きな人をとります。また、休みの日、まだ未定のデートの予定も「もしかしたら好きな人との予定が入るかもしれないから」と、予定は開けておくこともします。友達からさそわれても、「まだ予定がわからないから」と言われたら、好きな人との予定待ちになっているのかもしれません。

 

 その3 束縛する

 次に、恋愛体質の人がしがちなことは、束縛です。好きな人が何をしているのか、どこにいるのか、もう仕事は終わったのか、仕事場に女の人はいるのかなど、あらゆることを知っていたいという思いから、相手を束縛してしまいます。恋愛体質の人は自分では気づかないくらい、相手を束縛しがちです。

束縛は、不安の表れでもあると言われています。好きな人が自分を好きでいてくれるのか、別の人のことを好きになってしまうのではないだろうかという不安から、いつでも自分が好きな人を近くで見ていたい、言葉を悪く言えば監視していたい気持ちと同じような感覚で相手を束縛します。束縛は、相手を遠ざけるだけでなく、うまくいっている恋愛をも壊してしまうこともあります。冷静に、相手のことを信頼できるようになりましょう。 

【スポンサーリンク】

 その4 好きの気持ちを形で要求する

 恋愛体質の人は、束縛の行動と同じように、自分のことがどのくらい好きなのかどうかを好きな人に求めて、試してみたりお願いして見たりします。

仕事で忙しい好きな人に、「今から会えないか?」というようなことを言って、仕事と自分とどちらを大切にするかというようなことを計ってしまいます。

また、好き同士なら、連絡は毎日あっておかしくない、なのにメールもないなんて、私のことは気にならないのかというわがままを突き出してきたりします。恋愛体質の人は自分の中で恋愛が大部分を占めているので、そう思ってしまうのも無理はありません。ですが、恋愛体質ではない人はそうではないのです。恋愛と仕事と自分の時間がバランスよく保っているという人もいるのです。なので、自分の恋愛観を押し付けることなく、うまく恋愛スタイルを築いていける関係が大切です。

 

 その5 嫉妬する

 最後に、恋愛体質の人は何かにつけて嫉妬をします。好き同士なら、誰にでも嫉妬しあうものです。ですが、恋愛体質の人は嫉妬の度合いが大きくなりがちなのです。

これは束縛する気持ちにも通じていて、自分のことを見てくれない好きな人がいると、それだけで機嫌を損ねてしまうのです。よく、街で男性が女の人を見ていたという事に対して、恋愛体質の人はそれだけで「浮気だ」と勝手に決めつけたり、さっきの子と付き合えばいいじゃんと、ただの誤解であっても好きな人にぶつけてきます。

これは全て嫉妬からくるものです。恋愛体質の人のことがわからない人にとってみれば、なんて勝手なんだ、わがままなのかと思うかもしれませんが、それが恋愛体質の人の行動なのです。恋愛こそが自分の人生であり、好きな人こそが全てなのです。ですから、恋愛体質の人は自分の感じたことには一度冷静になる必要があり、また恋愛体質の人には相手を安心させる言葉をかけてあげることが、うまくいく秘訣です。

 

いかがでしたか?

恋愛体質の人は恋愛をうまく出来ないがゆえに、恋愛に溺れてしまう人もいるのです。ですが、誰かを好きになることは決して悪いことではありません。好きな人に染まることも素敵なことです。

ひとつだけ、恋愛は自分だけの気持ちで動いていないということだけ理解していれば、きっと素敵な恋愛になりますよ。

 

まとめ

恋愛体質の人の5つの態度

その1 好きな人に染まる
その2 好きな人中心の生活になる
その3 束縛する
その4 好きの気持ちを形で要求する
その5 嫉妬する


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆