寂しいときに一人の時間を楽しむための6つの方法

寂しいときに一人の時間を楽しむための6つの方法

時に一人で過ごしていると、とても寂しい思いに襲われることがあります。それは恋人に会えないときだったり、友達もつかまらないときだったり、寂しいと思うとどんどん落ち込んでいってしまい、辛くなってきますよね。

寂しいときでも、一人で楽しめる方法はたくさんあります。一人の時間を楽しむ方法を一緒に見ていきましょう。



 

 寂しいときに一人の時間を楽しむための6つの方法

 

1. バスタイム

寂しいときはバスタイムにこだわってみましょう。今はたくさんの入浴剤にボディソープに、またお風呂で出来るダイエットもあります。時間の取れるときバスタイムはちょっとしたエステになります。お風呂で楽しめるアロマグッズもあるので、寂しい思いをリラックスさせてくれるような香りを選びましょう。

雑誌やテレビを見ながら、お風呂で過ごしてみるのも楽しいです。時間の取れる時しかできない入り方ですよね。お風呂に入った後は、もやもやとしてた寂しいときの気分もきっと解消されているはずです。

 

2. DVD

お気に入りの映画を観るためにレンタルをしてもいいでしょう。約二時間くらいのものを選んで好きなお菓子お酒をお供に、DVD鑑賞することがおすすめです。

見たかった新作映画や主人公が頑張っているような、明るくて前向きな映画がいいですね。寂しいときは元気をもらえるはずです。また映画やドラマだけでなく、アーティストのライブDVDもおすすめです。ライブのDVDには臨場感を感じられてまたたくさんの楽曲を聞いていると、とても元気になれます。

好きなアイドルものや、衣装にこだわっているアーティストや舞台演出にこだわっているアーティストなど…案外ライブを目にする機会はないので、それだけでもとても楽しいです。寂しい時間を忘れられて見終わった後には爽快感を持てます。

 

3. 資格を取る

寂しいとき自分の価値を上げたいと思いませんか?寂しい思いにとらわれて、自分には何もない、なぜこんなことをしているのかと意味もなく不安に陥り落ち込んではいませんか?

そういう時は、自分のスキルアップも兼ねての資格の勉強をしてみましょう。資格は自分の力の証明にもなります。仕事で役に立つパソコン関係であったり、マナーの資格を取れば仕事に活かせて、さらに自分に自信がつきます。

また仕事とは関係なくても、手に職を持てれば自分の幅が広がります。例えばネイルアート、ネイルデコは一般の人でも勉強できますし、自宅で試験を受けてとれる資格もあります。寂しい思いに負けずに寂しい時間を自分のスキルアップの時間に変えてしまうのも、いいですね。

【スポンサーリンク】

 4. 好きな事をする

寂しいときはやはり、自分の好きなことをするのが一番です。いつもと違う過ごし方をすることももちろんいいでしょう。ですが時間がなくて出来なかったことが、誰にでもあるはずです。また「これがしたい!」と以前から思っていたことをしてみるチャンスかもしれません。

絵を描くこと事が好き、お菓子作りが得意など。ファッションの研究をしてみたり、行く予定はなくても旅行を計画してみたり…など思い思いにしたいことをするのが、一人の時間を楽しむポイントです。なので寂しいときは、他のことをして時間を過ごすことができる事を持っているのも、必要なことです。

 

 5.ゲーム

今ではあまりゲームをする人がいなくなったと言われています。でも寂しいときに時間を忘れて熱中できるものが必要です。そしてゲームはいまやスマホの普及で、誰でもすぐに始めることが出来ます。

スマホでいつでもアプリ検索をすれば、様々なゲームアプリが出てきます。パズルゲームはとても手軽に出来て、ユーザーもとても多く、始めてみると夢中になれるゲームです。でも寂しいときは、その想いを癒してくれるような乙女ゲームもおススメです。全然興味のない人が、はまってしまう人続出の乙女ゲームは、寂しい気持ちを癒してくれるゲームアプリです。

 

6. ネットサーフィン

寂しいときに、何もすることがないという人は、インターネットを繋げてみてください。そこから、気になる服やオークションであるなどネット上のサイトを巡ってみるのも楽しいものです。ショッピングだけでなく、自分の悩みや恋愛の不安をネットで検索をするとたくさんのサイトや、コミュニティがあります。見ているだけでも時間を忘れて夢中になっているものです。

 

 7. 模様替えや掃除

一人の寂しい時間を忘れさせて、さらに終わった後に気分がスッキリすることと言えば、部屋の模様替えや掃除をすることです。部屋の状態は心の状態を表すと言われています。部屋の様子を見てみてください。配置を変えたり、部屋の掃除をするのもいいでしょう。でも部屋に色を入れてみたり、自分だけの部屋を居心地のいい場所にするということもできます。寂しいときは部屋の模様替えをして、気分を変えてみるということも楽しいものです。

 

いかがでしたか?

実は寂しいときを自分次第で色んな時間に変えることができるのです。寂しいというマイナスな気持ちを大きくせず、そういう時間においても発想を変えて、気を紛らわせることができるようになりたいですね。

 

まとめ

寂しいときに一人の時間を楽しむための6つの方法

1.バスタイム
2.DVD
3.資格を取る
4.好きな事をする
5.ゲーム
6.ネットサーフィン
7.模様替えや掃除


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆