嫉妬してしまう…その5つの心理

嫉妬してしまう…その5つの心理

嫉妬してしまう自分について、なぜなんだろう…と悩んだこともあるかもしれません。好きな人に対しての嫉妬や、好きな人と話している異性に対しての嫉妬もあるでしょう。なぜ人は嫉妬をするのでしょうか。その心理について、少し考えてみましょう。



 

嫉妬してしまう…その5つの心理

 

好きな人にこちらを見てほしい

好きな人に対して、こちらを見てほしいという気持ちから、嫉妬する気持ちを持つこともあると思います。こちらを見てほしいという気持ちを素直に伝えることが出来ればいいのですが、それが出来ないということになると、心の中で嫉妬する気持ちが出てきしまうことでしょう。

素直に伝えるとしても伝え方が分からず、なんだかくすぶった気持ちになることもあると思います。でもそういう自分も自分なんだと認めることにより、少し楽になることもあるでしょう。嫉妬は恥ずかしいことではなく、普通の感情なんだと思うことが必要です。

嫉妬をしたことがないという人は、ほとんどいないと思い、嫉妬をする自分を認めてあげることから始めてみるといいですね。

 

自分に自信がない

自分に自信を持つことが出来ていれば、嫉妬の気持ちは少しはましになるかもしれません。そのためもしも恋人に嫉妬する気持ちを持つ場合は、もっと自分への愛情を見せてほしいと思っているのかもしれないのです。

話す機会があれば、そのことについて話してみても良いのではないでしょうか。嫉妬をする気持ちがとても辛いと感じるようになる前に、恋人に相談をするようにしましょう。愛されているという自信を持つことにより、嫉妬をしなくなるかもしれません。

つまりは嫉妬をするということは、愛されている自信を持てていないことになるのです。これで十分と自分で思っていても、愛情が足らないと心のどこかでは思う自分がいるのではないでしょうか。

このままの状態でいると、恋人の顔を見るのもつらくなるようなことになりかねませんので、愛情について、恋人に伝えるようにしてみましょう。その上で恋人の反応を見るといいですね。

 

嫉妬しやすいタイプ

もともと嫉妬しやすいタイプとそうではないタイプがあります。たとえば好きな人が他の異性と話をしている場合でも、自分は自分というように思える人もいれば、何を話しているのか気になって仕方がないという人もいるのです。

これはその人のタイプによるものですから、変えようと思っても難しいかもしれません。嫉妬をあまりしないタイプの人に嫉妬をしてほしいと望んでも無理な場合もあるでしょう。逆に嫉妬をしやすいタイプの人に、しないでほしいというのも難しいかもしれません。どちらかを望むのであれば、何等かの言葉や態度を伝える必要があります。

嫉妬をしてほしい、それが嬉しいことだからというように伝えたり、嫉妬をしないでほしい、好きな人はきみだけだからというように納得のいくような伝え方をすることが必要です。それに納得をしてくれれば、嫉妬というものに対しての考え方も変わってくるではないでしょうか。

【スポンサーリンク】

恋人が不器用

恋人が不器用なタイプの場合には、要らない嫉妬をしてしまうようなこともあります。なぜこんなことで嫉妬をしなきゃいけないの?というようなところで嫉妬をすることになる場合もあるのです。

特に口下手なタイプの恋人を持つと、説明が下手ということになり、結果として嫉妬せざるを得なくなるようなこともあるのです。そういうことだったんだ…と後で聞いて愕然とすることもあるでしょう。

あまり口下手すぎると、好きな人を傷つけたり誤解させるようなことになりかねません。お互いが口下手同士のカップルになると、なおさらこのリスクが高くなりますので、お互いに気を付ける必要があるかもしれません。

 

トラウマがある

トラウマがどうしても消せなくて嫉妬をしてしまうという人もいるのです。以前とても辛い失恋をしたり、恋人を失うようなことがあったような場合には、嫉妬をしたくなくても、トラウマが原因になることがあります。

このトラウマがいつも邪魔をする…と苦しんでいる人も中にはいます。嫉妬をしたくないのに、どうしてもそうなってしまう…というような時には、恋人に相談をしても良いと思います。トラウマについても伝えてみましょう。そのトラウマごと包んで抱きしめてくれる人が必ずいるはずです。

それを信じて打ち明けるようにしてみましょう。それによってかなり楽になり、今まで抱えていた傷も癒されるということになり、嫉妬する気持ちも軽減するかもしれないのです。

 

いかがでしたか?

嫉妬する心理というものは、自分ではどうしようもないことが結構あります。嫉妬をしないでおこうと思いながらも、それが出来なくて苦しむこともあるでしょう。でもどこかに解決の糸口があるはずです。

そしてそれはとても簡単なものかもしれません。一人で悩んで苦しまずに人に相談をしたり、恋人に伝えて、気持ちが少しでも楽になるようにしていきたいですね。

 

まとめ

嫉妬してしまう…その5つの心理

・好きな人にこちらを見てほしい
・自分に自信がない
・嫉妬しやすいタイプ
・恋人が不器用
・トラウマがある


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆