友達から恋人になるよくある5つのきっかけ

友達から恋人になるよくある5つのきっかけ☆

彼氏がなかなか見つからないという人の中には、異性の友達はいるという場合もあります。それでも、恋人と友達は違うと思って、恋人対象ではない場合があると思います。

しかし、この友達という存在も、ちょっとしたきっかけ次第では友達から恋人になる十分な要素があるものなのです。今回は友達から恋人になるきっかけについてご紹介させていただきます。



 

友達から恋人になるよくある5つのきっかけ☆

 

その1 話しやすさに気づいたとき

 友達から恋人になるきっかけのひとつに、友達との話しやすさがあります。友達となら何でも話せるのに、恋人に対してだと気を使ってしまうという経験は誰にでもあるかと思います。本当はもっと話がしたいと思っていたり、大事な話をしたくても、嫌われたくないという理由から話し合いを避ける恋人同士もいます。

ですが、友達と一緒だと、その恋人との悩みや自分の中にあるもやもやなどを自然と打ち明けて、それに対して友達も親身にアドバイスをくれたりすることがあります。このときに、もしかしたらこの友達と恋人同士になったら、話し合いも出来て、うまく交際ができるのではないかということに気づき、友達から恋人へと意識し始めることがあるのです。

 

その2 自分の欲しい優しさがあると気づいたとき

 友達から恋人になるきっかけの中には、自分にはすでに彼氏がいるときに友達から恋人への意識に変わることがあります。それは、自分が恋人とうまくいっていない場合に、自分の求めるものを友達が兼ね備えていた場合に気づきやすいものです。

また、出会いを探しているところなかなか出会えないとき、友達が一番理想に近いと気づいたときも友達から恋人候補として見てしまうきっかけでもあります。

恋人とうまくいかないときや不満があると、誰かに話したくなります。また、人はないものねだりをしてしまいがちなので、恋人がしない行動を他人がしてくれるととてもうれしくなってしまうものです。恋人から連絡がないけど、友達は頻繁に自分に連絡をくれるということでさえ、嬉しく思ってしまうものです。友達がいつも自分を気にかけてくれるという友達の優しさが、ときに相手を友達から恋人に変えてしまうのです。

 

その3 辛いときそばにいてくれたとき

 辛いことがあると、ひとりでいたくないときがあります。どんなに明るい性格でも、時々弱ってしまうという人もいることでしょう。弱っているときに、助けてくれる人を私たちはよく思ってしまいます。また、いつも支えてくれる人のことも大切にしたいと思うものです。ですが、それに気づくのには時間がかかる場合があります。

友達はあなたの今までの辛い経験や、悩みを聞いている存在である場合、あなたがどんなときに弱くて、どんな性格なのかを知っている場合もあります。そうすると、辛いときに友達がいて前向きになれたということをあなたが気づいたときに、相手に対して大切な存在だと気づくはずです。

このとき、友達から恋人に変わることがあるのです。こういう人がそばに居てくれたらと思うと、友達として見ていた相手が、自分の恋人として必要な存在かもしれないと思い初めるからなのです。

【スポンサーリンク】

その4 友達の様子が変わったとき

異性の友達が恋人候補にならない理由の中に、相手と恋人になった場合のイメージが出来ないことがあるために、恋人未満というケースも多くあります。顔がタイプではなかったり、もっと違う人がいるはずだと思って、友達はあくまでも友達となっていることもあるでしょう。しかし、この友達がイメチェンをしたりすると、ふいにときめいてしまうこともあります。

例えば、私服姿しか見なかった相手、眼鏡をしている姿しか見たことがないなどという友達が突然びしっとしたスーツ姿になっていたり、髪型を変えてあか抜けたりと、人は変わることがあります。その変化に反応してしまうと、友達と思っていたのにドキドキすることが出てくるのです。こういうときにも、友達から恋人になるきっかけがあるのです。

 

その5 久しぶりに会ったとき

友達から恋人になるきっかけで、友達に久しぶりに会ったとき、友達から恋人になることがあります。同窓会や結婚式で久しぶりにあった友達が、自分の知っている友達と大人になっていると、気持ちは揺れがちです。友達の様子が変わったときと同じように、自分の記憶の中の友達を越えてくると、気になってしまうのです。

また、久しぶりに会ったということが、知っているけれど知らない部分もある友達というころで、自分のことをよく知られていない分、近づきやすくもあるのです。このような場合でも、友達から恋人になるきっかけでよくあるパターンです。

 

いかがでしたか?

身近にいる人ほど見えないといいますが、友達から恋人になるということは、ちょっとした運命のいたずらだったり、自分の心境の変化などがきっかけで恋人対象になることが多いものです。友達と思って、見てこなかった人の中に、もしかしたら運命の相手がいるかもしれないですね。参考にしてみてください。

 

まとめ

友達から恋人になるよくある5つのきっかけ☆

その1 話しやすさに気づいたとき
その2 自分の欲しい優しさがあると気づいたとき
その3 辛いときそばにいてくれたとき
その4 友達の様子が変わったとき
その5 久しぶりに会ったとき


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆