友達から恋人になるあり得る5つのパターン

友達から恋人になるあり得る5つのパターン

友達から恋人になったというカップルはたくさんいるのではないでしょうか。でもそのきっかけは何かあった場合が多いと思います。今回は友達から恋人になる時にありそうなパターンをいくつかご紹介していきましょう。



 

 友達から恋人になるあり得る5つのパターン

 

いつも悩みを聞いてもらっていた

友達ということで、なんでも相談できる相手だったということもあるかもしれません。そういう相手には心を許すことが出来て、素の自分でいることが出来るので、自然に恋愛に発展する可能性も高いのです。

悩みを打ち明けることが出来る相手というものは、そんなにたくさんいるものではありません。つまりは悩みを聞いてくれたその異性は、自分にとってとても大切な存在ということになるのです。

その存在の大きさに気が付いた時に、自然に友達から恋人になりたいという気持ちを持つこともあるでしょう。そういう自然な気持ちを持った場合には、その時に思い切って打ち明けてみたいですね。

 

相手が恋人と別れた

友達が付き合っている恋人と別れて元気をなくしているような時に、近くにいた自分が励ましていたら、いつの間にか友達から恋人になっていたということも、結構よくあるパターンです。

失恋をしたことにより、寂しさがあったり人恋しさもあるのです。そして誰かに弱さを見せたいけれど、見せることが出来なくて辛い思いをしている時もあるでしょう。そういう時に、友達として近くにいた異性が、友達から恋人になるというパターンです。

こういう始まりをしたとしても、うまくいく場合もあるのです。もしうまくいかないという場合でしたら、まだ相手に元彼や元カノへの気持ちがあり、未練が強すぎてうまくいかないパターンです。

寂しいからとりあえず近くにいるなら誰でもよかったという付き合い方をしてしまうと、こういうことになりかねませんので、これは避けたいことですね。

 

他の人と比較をして恋人候補になった

今周りにいる異性と比較した中で、一番自分の中で恋人候補として見ることが出来るのが、その人だったということから、付き合い始めることもあるでしょう。本来は誰かと比較をすることはしたくないことかもしれませんが、比較をしないことにはその人の良さが見えてこないこともあるのです。

その人の良さを知りたいということから、比較をしてみることも必要かもしれません。そして比較をしたうえで、今までは友達だったけど、恋人になってもいいかも…と思うようになることもあるでしょう。

そういう時に告白をしたら、相手が受け入れてくれたということから、付き合いがスタートすることもあるのです。

【スポンサーリンク】

イベント前でとにかく恋人がほしかった

友達しか周りにいないということから、イベント前なので焦る…というような場合もあるでしょう。そういう時に近くにいた友達を見て、この人でもいいかな…と思い付き合い始めることもあるかもしれません。

ある程度気心も知れているので、安心して付き合えるということはあると思います。でもイベントの時には盛り上がっても、イベントが終わった後には、なんとなく気持ちも冷めてしまう場合があります。

そのため、イベント目的で付き合い始めると、長続きは難しい場合が多いのです。せっかくの大切な友達を失ってしまうことにもなりかねませんので、よく考えて行動をした方がいいかもしれません。

 

友人に恋人ができた

周りに恋人が次々に出来ていくような時期もあります。たまたまということかもしれませんが、気が付いてみれば恋人がいないのは自分だけ…となった場合には、友達でもいいから恋人になっておこうかなと思うかもしれません。

同性の友達同士の話についていけない自分に焦りを感じて、異性の友達で一番仲のいい相手と付き合ってみることを決めるパターンもあります。同性の友達同士で話をしていて、たとえば彼氏自慢のようなことになった時に、あれ、私何しているんだろう…と思うようなこともあるのです。

その時は勢いで付き合ってみたけれど、本当に好きな人と付き合う方がいいかも…と後から思うこともあると思います。そうならないようにするためには、本当に好きな人が出来るまでは待とうと思うことです。

焦れば焦るほど、本当のことが見えにくくなってしまいますので、焦らずに、自分のペースを大切にしてみてください。

 

いかがでしたか?

友達から恋人になるパターンはたくさんあります。まさかの展開で友達から恋人になったカップルもいるでしょう。自然の流れから友達から恋人になったカップルも結構多いかもしれません。

でもどのようにして恋人になったかというよりも、これから恋人として仲良くしていくことを考えることの方が大切です。これからも仲良くしていくためには、友達の時以上に相手のことを大切にするようにしてほしいと思います。友達だった時の気楽さや気軽さを一度忘れて、新しい二人になるようにしてみると良いのではないでしょうか。

 

まとめ

友達から恋人になるあり得る5つのパターン

・いつも悩みを聞いてもらっていた
・相手が恋人と別れた
・他の人と比較をして恋人候補になった
・イベント前でとにかく恋人がほしかっ
・友人に恋人ができた


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆