浮気の慰謝料をアップさせるためにあなたがするべき6つの行動

浮気の慰謝料をアップさせるために、あなたがするべき6つの行動

浮気が原因で離婚をすることになった時、慰謝料の話が出てくることでしょう。ですが、慰謝料が確実にもらえるとは限らない事を、ご存知ですか?誰もが離婚に慣れているわけがないので、それを知らないともらえる慰謝料も少ないことになるかもしれません。

ここでは浮気が原因で離婚する際の慰謝料をアップするために、あなたがしておいた方がいいことや知っておきたいことをご紹介いたします。


 


 

浮気の慰謝料をアップさせるために、
あなたがするべき6つの行動

 

1.不法行為の立証

 まず、浮気が原因で慰謝料を請求するためには、その浮気がどういったものなのかを正確に立証をすることが必要です。ここの立証が出来ないと、慰謝料の金額にも影響してきます。慰謝料は、不法行為がなければ支払いがされません。

また、慰謝料の相場は平均300万円程度であり、これは年収によって左右する場合があります。なので低収入であると100万円程度の場合もあります。これらを減額させないためにも、浮気の証拠や不法行為である事実を示す証拠がとても重要となってきます。そして婚姻期間も慰謝料の額に関係してきます。日が浅いと必然的に相場が低くなります。また婚姻の内容も重要視され、婚姻関係にあったとしても、別居期間がある(家庭内別居も含む)家を空けがち、セックスレスというような実態があると慰謝料の請求額は変動します。その点には注意をしてください。

また、浮気相手とのメールや電話、外食などを繰り返していただけだとなると、実際にはそれほど慰謝料の金額には影響が少ないので、調べるのならば物的証拠をつかむことが必要となります。

 

浮気相手にも請求

 慰謝料は、浮気相手にも損害賠償請求が可能です。ですから浮気が原因である場合は相手側にもしっかりと慰謝料の請求をしましょう。額は低額になりますが、100~150万円位まで請求をすることができます。

慰謝料を請求する際、自分の結婚相手にだけ請求をするイメージもありますが、結婚相手だけではなく、浮気相手の方へも同時に請求手続きを取るようにしましょう。

 

 3財産分与と絡める

 離婚になった際は、財産分与という制度があります。夫婦になってからのお金の問題に関して言えば、夫婦どちらの財産にもなるということになるのです。もし財産があるのならば、土地や家財などの請求をして、実質的な金額を上げるという方法があります。慰謝料を払うのだからそれでいいというわけではなく、夫婦間の財産は分け合う事を法律で認められていることなので、そこはしっかりと主張しましょう。

また離婚後2年以内であれば、あとでわかった財産は財産分与を受ける権利がありますので、慰謝料の限界があるようであれば財産分与での金額を確保してみましょう。

【スポンサーリンク】

 4請求可能期間は3年

 浮気による慰謝料の請求は、3年以内であれば過去にさかのぼっても請求をすることができます。この3年を過ぎてしまうと時効となってしまいますので、気を付ける必要があります。

離婚してまもなく、浮気の確たる証拠が現れたのであれば請求することは可能なのでそのことについても覚えておいてほしいと思います。

 

無料相談を頼りましょう

 大概は離婚調停となれば裁判になり、弁護士を立てることとなるでしょう。ですが弁護士を立てざるを得ないとしても、弁護料や裁判料がかかってくれば、いくら慰謝料を取れたといっても清算してみれば対して手元にあまりお金が残らないことになります。

中には無料で離婚調停の相談にのってくれる団体や事務所もありますので、任せっきりにするのではなくて、自らも無料相談を積極的に利用してみましょう。その上で、きちんとした弁護士を立てての話し合いが必要となるかもしれません。また弁護士はプロなので、きちんとした慰謝料を請求するために何が必要で何をしていけばいいのかについてとても詳しいです。自分のケースに応じてこれらを利用するかどうかの判断をしてみてください。

 

 6浮気調査代は良く考える

 浮気の証拠や不法行為の立証が慰謝料請求の際に必要となりますが、なかなか自分だけでは証拠が集まらない事と思います。また浮気を疑うときに、街の探偵事務所などを通じて浮気調査を依頼することもあります。これらの調査費というものも安くはありません。浮気の証拠を押さえたいと浮気調査の末、結婚相手の浮気が発覚したとしても調査費がかさみ、慰謝料では調査費を合わせての請求が取れないケースもあります。そのため浮気調査代に対しては慎重に支払う必要があります。

でも慰謝料を決定づける物的証拠を手に入れたいのであれば、浮気調査を依頼することは有効である場合があります。自分1人の調査に限界を感じるのであれば、浮気の調査をお願いしてみましょう。この調査で得られた証拠が元になり、慰謝料のアップに繋がることもあります。

 

いかがでしたか?

慰謝料をアップさせるために、あなたがするべきことは見えてきたでしょうか。慰謝料の請求などの話を進めるということは、ただでさえ傷ついている心情のなかで大変なことえす。

こういった内容について話し合いをしていくことは、とても辛いことかもしれません。でもあなたの人生の再出発をするためには、堂々と主張するところはしっかりしていくようにしてください。

 

まとめ

浮気の慰謝料をアップさせるために、あなたがするべき6つの行動

不法行為の立証
浮気相手にも請求
財産分与と絡める
請求可能期間は3年
無料相談を頼りましょう
浮気調査代は良く考える


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆