omiai

別れたい…でも別れられない5つの理由

気が付くと、「もう別れたい」と心の中で常に思っている自分がいることを感じている人いるのではないでしょうか。これは自己防衛でもあり、強がりでもある言葉です。

「こんな思いするなら別れてやる」。そう感じるのに踏み出せないその理由にも気づいているのではないでしょうか。果たして、本当にそのままで大丈夫ですか?今回は別れたいけれども別れられない理由についてご紹介いたします。



 

 別れたい…でも別れられない5つの理由

 

その1 相手に対していい面悪い面を知りすぎている

 「別れたい」と思っているときに、急にされたやさしさに対して、ちょっと考え直したりすることありませんか?ひどいと思っていたのに、何気なくされた気遣いや相手のやさしさ。これに触れる度に相手を許してしまう自分がいる…。つまり相手のいい面や悪い面をわかっていればいるほど、別れたいけれども別れられない理由のひとつになっているのです。

悪い面だけを見ることができるなら、もっと簡単に別れを選ぶことでしょう。ですが、好きになって付き合った人、魅力もたくさん知っているはずです。気持ちがある以上、相手のいい面も知ってしまっているため、なかなか別れを選ぶことができずに悩んでしまう原因のひとつなのです。

 

その2 この人しかいないから

 別れたいと思って別れられればどんなに楽だろうと、別れられない人にとってみたらきっと感じているはずです。特に、好きになって付き合ったその人が、やっとの思いで付き合うことが出来た人だったり、はじめて心から思えた人であればあるほど、別れたいと思っても、そう簡単に決断することはできません。

「もっと他にも男はいる」というアドバイスを受けるかもしれませんが、他の男の人では満たされない思いを好きな人が満たしてくれる唯一の人であるのなら、なおさらです。別れたいと思う人は本当にそれが自分にとっての道なのかどうか、自分を見つめる時間も大切かもしれません。

 

その3 自分を好きになってくれる自信がない

 3つ目は、自分と付き合ってくれる人なんていないと、将来への不安からその思いに目をつぶり、付き合いを続けてしまうため別れられないパターンです。今付き合っている人を逃したら自分は一生ひとりかもしれない…。そう思うとき、人は中々別れることが出来ません。

特に年齢を気にしている人や、周りにカップルや結婚している友人がいる人は、こういう中で自分もパートナーがいると思うだけでも気持ちが安心したりできるものですが、出会うのが難しいこの時代の中で、別れを選び、フリーになるということはとてもリスクの高いことでもあるのです。そしてそれを十分理解している人は別れたいと思ったとしても、考え直してしまうことでしょう。

ですが、自分を犠牲にすることや、妥協してしまうことが必ずしもあなたを幸せにするとは限りません。自分を好きになってくれる人なんていないと思っているのはあなただけかもしれません。誰にもわからないことですが、本当に大切に思ってくれる人は他にもいるかもしれないという可能性は誰にでもあるということに自信をもってください。その決断こそ、あなたの運命を変えるきっかけになるかもしれないのです。

【スポンサーリンク】

 その4 自分が変われば済む話だから

 相手の嫌な面であったり、価値観が違うことに対して、ある程度は妥協しながら付き合っていくことは誰にでも経験することでしょう。ですが、自分が「こういうところが嫌だな」と感じながらも、相手に改善を求められず、また何度言ったところで繰り返す人に対して、大人になりすぎてしまう人がいます。それは相手を変えるのは難しいけれど、自分を変えることは出来る。

だから、自分が変わって理解してあげればいいのだと思い、先と同じように、別れたいと思う面をカバーしてしまう場合です。もちろん、それでうまく付き合うことが出来れば素敵です。ですが、一度つまずいた点というのは、何かのきっかけで目についてしまうものです。自分が変わればいいのだ、我慢すればいいのだと本当にそうすることが出来ますか?別れたいと思っている人は、それは自分を騙していないかどうか、自分自身にもう一度問いただしてみて下さい。

 

その5 恋愛はこういうものだと思っている

 最後は、恋愛そのものの見方で片づけてしまっている場合です。別れたいと思ったけれども、もっとひどい人もいた。今の状況は確かに一緒にやっていくことは難しいと考えてしまうけれども、でも恋愛ってどんな人とでもこういうことはあるものだと、経験から物事を見てしまい、結論づけてしまうことで別れたいと思いながらも別れられないでいる場合です。

やっかいなことに、そう思ってしまうと悪い面も妥協できることだと見えてしまい、また人生経験が豊富であるがゆえ、物事を冷静に見過ぎてしまう場合があるのです。けれど、それが最善の方法なのかどうか。本当にいい恋愛ってどういうことかを考えて見ると、答えは簡単に出てくるはずです。

 

いかがでしたか?

誰にだってうまくいかないことも、理想と違った展開になることも経験することでしょう。別れたいと思ったその理由をまずは解消することをしましょう。その上で、折り合いがつけられない場合は、本当に別れたほうがいいということも理解しておきましょう。

笑顔で、そして幸せでいられることこそ、恋愛する第一条件なのですから。

 

まとめ

別れたい…でも別れられない5つの理由

その1 相手に対していい面悪い面を知りすぎている
その2 この人しかいないから
その3 自分を好きになってくれる自信がない
その4 自分が変われば済む話だから
その5 恋愛はこういうものだと思っている


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆