別れる方法でお勧めしたい5つのもの

別れる方法でお勧めしたい5つのもの

別れる方法には様々なものがあります。でもその中でも、自分ではこれが最適と思っていたことがそうではないようなこともあるのです。

どうしても相手あってのことですから、別れる方法についてはある程度慎重にすることが必要です。今回は別れる方法について、お伝えしていきましょう。



 

別れる方法でお勧めしたい5つのもの

 

話をするようにする

お互いのどういうところが許せないのか、そしてどういう気持ちの変化があったのかということを、出来るだけ会って話すようにしましょう。譲歩してでも別れたくないというようなことを言われることもあるかもしれません。

でもその時に、自分としてはそうは思えないということでしたら、その日は一度帰宅するようにして、よく考えるようにしましょう。最後に一度話をしてから別れるということにより、一つのけじめをつけることが出来るようになります。

このけじめはとても重要なのです。自然消滅のようなことをするとけじめがつかないので、相手の心に恨みになって残るようなこともあり得ることです。

 

ケンカ別れをしない

別れる前にケンカをして別れるということもあると思います。でもあの時悪かったのは自分だ…と後から思うようなこともあると思います。そうならないようにするためには、ケンカ別れということは出来るだけ避けたいことです。

もしもケンカをして少し離れてしまったとしても、そのままの流れで別れるのではなく、一度そのケンカについての話を、電話でも良いのでした方が良いです。こういう時には電話の方がいいかもしれません。

お互いにケンカしたまま別れてしまうと、どうしても後を引きずることになります。それを避けるためには、ケンカをしても仲直りをしてから別れるか、それとも続けるかを決めると良いのではないでしょうか。

 

感謝の気持ちを伝えよう

別れる時に、ありがとうと言えるような別れ方は、とても素晴らしいと思います。お互いにそれを言えることにより、付き合うことでお互いが大きく成長することが出来ているはずです。

さよならという言葉は簡単に言えても、ありがとうという言葉を言うのは、結構勇気が要るものです。でもそれをどちらかが言うことが出来れば、相手もありがとうと同じように言ってくれるかもしれません。

こういう別れ方が出来れば、お互いに前を向いて歩きだすことが出来るはずです。多少引きずることはあっても、そのありがとうという言葉を思い出せば、もう二人は違う方向に歩くんだということを、実感するはずです。

そこでありがとうが言えるような、そういう別れ方をするようにすれば、相手ももう何も言えない…ということもあるかもしれません。

【スポンサーリンク】

時には涙を見せてもOK

別れる時に、涙を見せないように我慢をする人は多いと思います。特に男性は人前では泣けない、泣かないという人も多いでしょう。でも時には涙を見せても良いのです。逆にその方が気持ちがすっきりして、良い別れ方をすることが出来るかもしれません。

涙をお互いに見せ合うことが最後にできたということが、二人にとってとても良い思い出になることもあるのです。女性は最後まで強い女性を演じたいと思い涙をこらえるかもしれません。

でももしもそういうことを繰り返していると、泣けない女性になってしまうのです。泣きたい時に泣くことが出来ない、泣きたいのかどうかが分からないという女性になってしまうのは、とても淋しいことです。

そうならないようにするためには、出来るだけ泣ける女性でいるようにしましょう。泣きたい時に泣けるというのは、とても素敵なことなのです。

 

思い出話をしないようにする

思い出話を始めてしまうと、別れることがどんどん辛くなります。そしてそれは過去を見ていることになり、二人には未来が無いということも、明らかになってくるのです。そのため、思い出話は出来るだけしないようにしましょう。

片方が思い出話を始めようとした時には、違う話に上手に変えるようにしたいですね。思い出話をすることにより、相手を引きとめるというタイプの人もいますが、別れる決意をしている時には、それも困ることです。

そのため、別れると決めた相手との思い出話は今はするのはやめて、もう少し時間が経って、復縁したいと思った時や、何かのきっかけで会うようなことがあった時に、するようにした方が賢明でしょう。

別れ話を長々とする必要はありませんが、思い出話を長々とする必要はこの段階では、もっとNGなのです。

 

いかがでしたか?

別れる方法でお勧めしたいものについてお伝えしてきました。別れるということが突然決まることもあります。そういう時には冷静でいるのが難しい場合もあるでしょう。そういう時は無理に冷静にしなくても良いのです。

ある程度感情をそこで出すことをしないと、後から自分が余計に辛くなってしまいます。別れる方法として様々な方法がありますが、まずは自分を守ることを考えましょう。そして相手の気持ちをその次に考えるようにすれば、自然に良い別れ方が出来るはずです。

 

まとめ

別れる方法でお勧めしたい5つのもの

・話をするようにする
・ケンカ別れをしない
・感謝の気持ちを伝えよう
・時には涙を見せてもOK
・思い出話をしないようにする


☆Lavevender ColorのTwitterをフォローしよう☆